Muscle

下頭斜筋(かとうしゃきん)- 起始停止・支配神経・血液供給動脈・

 

下頭斜筋は背部深層の固有棘筋で、もうひとつの頭斜筋である上頭斜筋よりも大きいのが特徴です。
今回はこの下頭斜筋の起始、停止や支配神経、基本的な働きについて解説します。

下頭斜筋の起始・停止について

下頭斜筋の起始、停止についてですが…

  • 起始:軸椎の棘突起
  • 停止:環椎の横突起

…となります。
以下に詳しく解説します。

起始

下頭斜筋はC2(軸椎)の棘突起から起こり、斜めに外上方に走ります。

停止

下頭斜筋は、C1(環椎)の横突起の後部に付着(停止)します。

下頭斜筋の支配神経について

下頭斜筋の支配神経は…

C1,C2の後枝の内側枝

…となります。

下頭斜筋への血液供給動脈について

下頭斜筋への血液供給している動脈は…

  • 椎骨動脈
  • 後頭動脈の深行枝

下頭斜筋の主な働き

下頭斜筋は主に、

・頭部の後屈
・頭部の側屈
・頭部の回旋
…の作用に働きます。

つまり頭を後に引いて直立位に保持する機能を担います。
左右の下頭斜筋の一側が働けば同側にまげ、また同側に曲げる作用に働きます。

この機能は下頭斜筋のみならず、上頭斜筋大後頭直筋小後頭直筋も同時に担います。

下頭斜筋を英語で何て言う?

Obliquus capitis inferior muscle

下頭斜筋をラテン語で何て言う?

M.obliquus capitis inferior

読み方・発音

オブリークウス キャピティス インフィアリア
sponsored Link
 

ピックアップ記事

Sponsored Link

PAGE TOP