Muscle

顎舌骨筋(がくぜっこつきん)- 起始停止・

 

顎舌骨筋は口腔底を形成する頸部の舌骨上筋になります。
今回はこの顎舌骨筋の起始、停止や支配神経、基本的な働きについて解説します。

顎舌骨筋の起始・停止について

顎舌骨筋の起始、停止についてですが…

  • 起始:下顎骨顎舌骨筋線
  • 停止:舌骨体、顎舌骨筋縫線

…となります。
以下に詳しく解説します。

起始

顎舌骨筋は下顎骨体内面の顎舌骨筋線と舌下腺窩の上とから起こり内下方に走ります。

停止

顎舌骨筋は、舌骨体と正中の縫線(オトガイ棘と舌骨帯との間)に付着(停止)します。

顎舌骨筋の神経支配

顎舌骨筋の支配神経ですが、

・下顎神経の顎舌骨筋神経
…となります。

顎舌骨筋への血液供給動脈について

・下歯槽動脈(顎舌骨筋枝)

顎舌骨筋の主な働き

顎舌骨筋は主に

・舌骨の挙上
・下顎骨の後方移動
…の作用に働きます。

つまり、舌骨を引き上げる働きに作用し、舌骨を固定した際には下顎骨を引き下げる作用に働きます
*顎舌骨筋は、オトガイ舌骨筋顎ニ腹筋の前腹と共に働きます

顎舌骨筋を英語で何て言う?

mylohyoid muscle

顎舌骨筋をラテン語で何て言う?

M.mylohyoideus

読み方・発音

マイロハイオイド
sponsored Link
 

ピックアップ記事

Sponsored Link

PAGE TOP