Activity

ロックもポップスも、音楽鑑賞は慢性疼痛の緩和効果があるらしいんです。

 

もともとバンドマンだったってのもあって、音楽の作業療法への応用についていろいろ調べてたりします。
「音楽療法」という括りだけではなく、もっと大きな枠組みで音楽を使った作業療法ができると思います。
そんな中、音楽が慢性疼痛の緩和効果があるという研究結果をみつけたのでご紹介!

イギリスの“LloydsPharmacy”の調査結果から

2013年の調査研究なんですが、イギリスのプライマリケアをコア事業にしているイギリスの大手薬局“Lloyds Pharmacy”が1500人のイギリス人(16~24歳)を対象に大規模なアンケート調査をおこなったところ、66%の人が音楽を聴くことにより痛みが軽減した経験があると答えたそうです。

その結果をみると、最も効果が高い音楽のジャンルは以下の通り。

1位:ポップミュージック(22%)
2位:クラシック(17%)
3位:ロック、およびインディーロック(16%)
クラシックよりもポップミュージックが効果が高いというのは意外でした!

疼痛緩和効果が高いポップミュージック

このアンケート調査の結果で「鎮痛効果が高い音楽とされたのは次の5曲」
とりあえず、一通り聴いてみると納得するかもしれません!

Simon and Garfunkel – Bridge over troubled water


Robbie Williams – Angels


Fleetwood Mac – Albatross


Elton John – Candle in the wind


The Commodores – Easy


*あくまでイギリスでのアンケート調査ということなので、世界基準で考えるともちろん違いはあります!

ストレス・不安と痛みの関係?


実は“ストレス”や“不安感”などが、痛みを増進させることが最近の調査でわかってきています。

音楽を聴くことで得られる快感って、一般的には『モノアミン系』と言われるの神経伝達物質が脳内に分泌されるためなんです。
このモノアミン系はうつ症状の改善に効果があるので、ストレスや不安の軽減効果があるということがわかります。
結果、痛みの軽減にもつながるのでしょうね。

まとめ

作業療法の臨床で対峙するクライアントは、何かしらの痛みや苦痛を感じている場合が多いです。
音楽を疼痛緩和に利用する…となると、もちろんまだ代替的な手段になってしまうかもしれませんが、この“音楽鑑賞”という活動を通して作業療法サービスを提供することも必要でしょうね!

作業療法士は語りたい!

作業療法士にとって、クライアントの生活再建、生活支援をする際に一番のネックは“疼痛”だと思うんだよね!
疼痛はQOLを下げる最大の原因とも言われていますからね。
その疼痛解消のための手段は、今回の音楽による方法を始め、どんなものであれ知っておく必要があるんだろうね!
“作業”や“活動”の幅の広さが、作業療法士としての技量の広さにもつながるんでしょうね!
sponsored Link
 

ピックアップ記事

Sponsored Link

PAGE TOP