精神・心理学

軽度認知障害をスクリーニング!MoCAの評価方法とカットオフ値について!

 

軽度認知障害(MCI)をスクリーニングする評価、検査方法は様々ですが、この“MoCA”も代表的な検査方法の一つになります。
そこで今回は「MoCAの評価方法とカットオフ値」についてまとめてみました!!

MoCAとは?




MoCAとは「Montreal Cognitive Assessment」の略で、軽度認知機能低下のスクリーニングツールになります。
今回はMoCAの日本語版である“MoCA-J(Japanese version of MoCA)”を中心に説明します!

MoCA-Jの特徴

MoCA-Jの検査は以下の項目で構成されています。

①視空間
②命名
③記憶
④注意力
⑤復唱
⑥抽象概念
⑦遅延再生
⑧見当識

MoCA-Jの対象

MoCA-Jの対象としては、軽度認知障害(MCI)を主に対象としています。
また、MMSEよりも糖尿病患者の認知機能障害の評価をするのに有益との報告もあります。

MoCA-Jによる検査方法

ではMoCA-Jによる検査方法を各項目ごとにわけて説明します。

①視空間・遂行機能




MoCA-Jによる“視空間・遂行機能”の検査項目は主に、
・TMT-B
・図形模写(立方体)
・TMT(11時10分)
の3つのテストで構成されています。
合計点は5点満点になります。

②命名




MoCA-Jによる“命名”の検査項目の内容は、
・ライオン
・サイ
・ラクダ
の3つのイラストを提示しそれぞれの名称を答えてもらう…という内容になります。
合計点は3点になります。

③記憶




MoCA-Jによる“記憶”の検査項目ですが、
「顔、網、神社、百合、赤」の5つのリストを読み上げ、対象者に復唱するように求めます。
2回復唱したもらったら5分後に遅延再生を行う。
…という内容になります。
この検査項目は後の遅延再生のためのものなので特に配点はありません。

④注意




MoCA-Jによる“注意力”の検査ですが、
a)数唱課題
b)注意配分
c)ワーキングメモリー
…の3つの項目にわけて行います。

a)数唱課題

数唱課題は、「21854」を順唱、「742」を逆唱するように求めます。

b)注意配分

「きいあうしすああくけこいあきあけえおあああくあしせきああい」のひらがなリストを読み上げ、対象者には“あ”の時に手を叩くように求めます。

c)ワーキングメモリー

対象者に100から7を順番に引くように求めます。
正答である「93/86/79/72/65」のうち4問以上正答は3点、2問or3問正答で2点、正答0問は0点という配点になります。

⑤言語




MoCA-Jによる“言語”の検査ですが、
a)復唱課題
b)語想起課題
…の2つの項目に分けられます。

a)復唱課題

以下の2つの文章の復唱を対象者に求めます。
「太郎が今日手伝うことしか知りません。」
「犬が部屋にいるときは、猫はいつもイスの下にかくれていました」
各文章それぞれ1点の配点になります。

b)語想起課題

対象者に“か”で始まる言葉を1分間にできるだけ多くあげるように求めます。
11個以上あげれれば1点の配点になります。

⑥抽象概念




MoCA-Jによる“抽象概念”の検査ですが、「みかん・バナナ=果物」のように提示した2つの物の抽象概念を答えてもらうよう対象者には求めます。
a)「電車・自転車」
b)「ものさし・時計」
これらそれぞれの抽象概念を答えてもらい、配点は各1点になります。

⑦遅延再生




MoCA-Jによる“遅延再生”の検査ですが、″③記憶”の項目で復唱してもらった5つの単語について記憶しているかどうかを確認します。
各単語それぞれ1点の配点ですが、配点対象は“なにも手掛かりなし”のみになります。

⑧見当識




MoCA-Jによる“見当識”の検査ですが、
a)年
b)月
c)日
d)曜日
e)市(区・町)
f)場所
について対象者に答えてもらいます。
各項目1点の配点になります。

MoCA-Jの採点方法の注意点について




MoCA-Jによる検査終了後、検査対象者であるクライアントの教育年数が12年以下の場合は1点を加える…という点に注意が必要です。

MoCA-Jに必要な時間について




おおよそ10分程度で検査ができます。

MoCA-Jのカットオフ値について

MoCA-Jは、30点満点であり、26点以上が健常の範囲とされています。
つまり25点以下がMCIと判断されます。

リハビリの様々な検査のカットオフ値についての記事一覧はこちら

まとめ

MCIといった認知機能障害のスクリーニングテストの方法は様々ですが、臨床や現場での使いやすさを考えると、シンプルで短時間で行えるものがポイントだと思います。
今回紹介したMoCA-Jはまさにその方法の一つと言えると思います!

作業療法士は語りたい!

実際、このMoCA-Jによる認知機能テストサービスが、株式会社ベスプラって会社からリリースされているんだ!
国の医療費削減って方針を考えると、こういった民間のサービスがどんどん一般化していくんでしょうね!
作業療法士はこういった企業のサービス開発や監修に関わるって仕事も必要になってくるんだろうね!
株式会社ベスプラによる認知機能テストサービスについてはこちら

 

おすすめ記事

関節可動域測定(ROM-T)の目的と方法について 作業療法の定義が改定されて広がった作業療法の対象と可能性 ADL能力の評価の目的と 判定基準、検査方法についてまとめてみた! 作業療法士が身に着けたい 「観察力」を高める3つのステップについて “排泄”の目的と排泄障害が及ぼす生活への4つの影響について!

関連記事

Sponsored Link

OT愛東

臨床15年目の作業療法士。
作業療法士としてのキャリアと同時に、音楽関係、アパレル関係、ナイトビジネスなどの経験を経て現在ウェブ事業の展開も行っている。
現在は作業療法士のキャリアアップを目的としたウェブメディア『作業療法プレス』をはじめ、複数のブログメディアを運営。
また、自身の様々なキャリアから、改めて「働き方」を考え、支援するために“働きにくさをリハビリする”産業作業療法研究会を設立。
日本作業療法士協会会員・日本職業リハビリテーション学会員・両立支援コーディネーター

OT若菜

臨床3年目の新人作業療法士。
手先が器用なため、手工芸を用いたアクティビティでの介入が得意。
これといった趣味はなく休日は家でダラダラしている。
現在彼氏募集中。
PAGE TOP