「精神・心理学」の記事一覧

うつ病で休職中の人が復職するためのプロセス【リワークプログラム】

精神・心理学 職業・産業リハ

現在うつ病で休職中。 日常生活はなんとか送れるようになってきたものの、次のステップの復職となると不安。。 本記事では、リハビリテーションのセラピストで、両立支援コーディネーターでもある作業療法士が、うつ病の方の復職の方法やプロセスについて解説します。

統合失調症でも仕事がしたい!-おすすめ就労支援について

精神・心理学 職業・産業リハ
統合失調症でも仕事をしたい

統合失調症だけど、なんとか就職して働きたい、自分のペースで仕事をしたいと悩んでいる人。 がんばっていても理解されない。 どうがんばっていいのかもわからない。 そんな状態になっていませんか? 本記事では、リハビリテーションのセラピストである作業療法士が、統合失調症の方の就労支援や、身につけるべき能力などについて解説します。

どうして心を病むのか? – 精神障害の3つの成因について

精神・心理学

生活を支援する作業療法士としては、どの領域においてもクライアントのメンタルへの介入は必要になってきています。 ましてやメンタルヘルスの重要性が改めて見直されている現在では、精神障害と診断されていなくても、その器質を有していたり、いわゆる予備軍の状態の人が非常に多くいます。 今回はこの「なぜ人は心を病むのか?」というテーマを精神障害の3つの成因から考えてみます。

年齢相応の物忘れの定義って? – 認知症の前駆症状にあてはまる概念について

精神・心理学

臨床でクライアントの認知機能に対して、“年齢相応の物忘れ”という表現をすることがあります。 HSD-RやMMSEではカットオフ値以上の点数なものの、やっぱり健常とは言えない状態…。 今回はこの認知症の前駆症状にあてはまる概念について解説します。

ラポール(信頼関係)の築き方 – クライアントと良好な関係を築くために心がけておきたい5つのこと

精神・心理学
ラポール(信頼関係)の築き方

リハビリテーションに限ったことではないのですが、医療、介護や福祉の現場において、いかにクライアント(患者・利用者)と良好な信頼関係を築けるかって非常に重要になってきます。 その分「いつも自分のリハビリの時だけ拒否される」「うまく良い関係性を築けない」なんて悩むセラピストが多いようにも感じます。 今回は僕自身が長年試行錯誤を繰り返して導き出した、一つのラポール(信頼関係)を築くテクニックについて解説します。

ページの先頭へ