Rehabilitation

毎月つらくてイヤになる… – 生理痛が重くなる5つの原因と、対策・改善方法について

 
生理痛が重くなる5つの原因と、対策・改善方法について

女性にとっての生理痛って深刻な問題ですよね。
でも生理痛がひどいひとは「体質だから」「昔からだから」と諦めがちではないでしょうか?
実はちょっとした対策でひどい生理痛を緩和することができるんです。
今回はその生理痛の原因と対策・改善方法ついてまとめてみました!

生理痛をひどくする5つの原因について

生理痛をひどくする原因については大きく分けると5つになります。

  • プロスタグランジンの過剰分泌
  • 子宮の出口が狭い
  • 冷え性
  • ストレス
  • 骨盤のゆがみ

では、以下にそれぞれ解説します。

1.プロスタグランジンの過剰分泌

「プロスタグランジン」とは生理中に分泌される“生理活性分泌”でホルモンの一つです。
このホルモンの主な働きとしては子宮を収縮させ、不要になった粘膜を血液と一緒に体外に押し出すというものになります。
プロスタグランジンの分泌量が多いと、子宮の収縮が過剰になって陣痛のような痛みの原因になります。

さらこの物質は痛みを強めるなどの作用もあるので、頭痛、肩こり、腰痛、吐き気の原因にもなってしまいます。

2.子宮の出口が狭い

若い女性や出産経験のない女性に多い原因で、子宮口が狭く硬い状態のため子宮外に血液をスムーズに押し出すことができないことが原因です。
その結果より強く子宮を収縮させて血液を押し出そうとするので強い痛みを感じるようになってしまいます。
この原因が主な場合は、子宮の成熟とともに緩和していきます。

3.冷え性

冷え性の方は慢性的に血液循環が悪い状態です。
血液の循環が悪いと、前述したプロスタグランジンも骨盤内に滞り痛みが長い期間強いままになってしまいます。

関連記事:冷え性とリハビリテーション

4.ストレス

強いストレスによって自律神経の不調を起こし血行不良を招くことがあります。
その結果生理痛がひどくなる場合もあるようです。

5.骨盤のゆがみ

骨盤のゆがみが原因でひどい生理痛になってしまうってことは、意外と知られていません。
骨盤や腰部(腰椎)からは内臓や生殖器などに関わる神経も出ていますので、生理痛などに影響を及ぼすことがあるんです。
また骨盤には内臓を支える働きもあるので、骨盤がゆがむことで内臓の機能低下に影響が出たり、骨盤内が血行不良を起こし生理痛の増悪を引き起こす場合もあります。

生理痛が重い人が試すべき5つの方法

「体質だから…」と諦めるのではなく、少しでもその体質を改善する努力が必要です。

セラピストとして提案する方法は次の5つになります。

  • 規則正しい生活
  • 体を温める
  • 定期的な運動
  • 食事に気を付ける
  • 骨盤の矯正
  • では、以下に解説します!

    1.規則正しい生活

    生理を引き起こすホルモンであるプロスタグランジンの分泌は、生活のリズムの乱れに強く作用します。
    十分な睡眠、しっかりとした食事など規則正しい生活を行うことが、生理痛改善の前提条件になります。

    2.体を温める

    体の冷えは万病の元です。それは生理痛に対しても同じです。
    バスタイムをシャワーですますのではなく、ゆっくりとお風呂に入ることもよいとされています。

    3.定期的な運動

    定期的に適度な運動をすることで、全身の血行促進につながります。
    無理のない範囲で、自分が続けられるペースで構わないので生理痛対策のためにも運動習慣を身につけるようにしましょう。

    4.食事に気を付ける

    カフェインや糖分の取りすぎは、イライラや情緒不安定の原因にもなります。
    また、ケーキ、バター、チョコレートなど脂肪分を多く含んでいる食品の過剰摂取はホルモンの代謝に関わる肝臓の機能低下につながりますので注意してください。

    5.骨盤の矯正

    骨盤のゆがみは生理痛だけでなく自律神経の不調にもつながります。
    骨盤矯正の方法は多種多様ですが、日ごろから猫背など負担のかかる姿勢は避けるようにすることが大事です。

    まとめ

    女性特有の悩みでもあるこの生理痛。
    でもその原因をしっかり把握し、対策として普段からの意識を変えるだけで、症状の軽減につながります!

    作業療法士は語りたい!

    生理痛についてはやっぱり「体質だから…」と諦めがちな印象がありますね。
    最近ではこの生理痛や月経前症候群(PMS)に対しての介入を得意とするセラピストも増えてきたようだからね。
    女子はみんな悩んでるんですよ…(遠い目)

    sponsored Link
     

    ピックアップ記事

    Sponsored Link

    PAGE TOP