リハビリテーション評価

慢性関節リウマチ(RA)へ“メイソン‐椎野変法”を行うメリットと4つの質問項目について

 

慢性関節リウマチ(RA)のクライアントの作業療法を行う場合は、現在の状況がどの程度なのかをしっかりと把握する必要があります。
今回は、クライアントが現在どの程度活動できるのか?を数値に示して評価する“メイソン‐椎野変法”という方法についてまとめてみました!

メイソン‐椎野変法とは?


元々、慢性関節リウマチのクライアントに対しては血液検査によってその疾患の程度を評価していましたが、1992年にMasonらが発表した評価表(rapid assessment of desease activity in rheumatology:RADAR)は、血液検査を必要としないクライアントの活動性を評価する方法として使用されていました。
そのRADARを“椎野泰明”と“白浜正人”が改良し、ADLとの妥当性を見出して、リハビリテーションにおける活動性評価表として有用的にしたものが“メイソン‐椎野変法”になります。

メイソン‐椎野変法のメリット

メイソン‐椎野変法はクライアント自身に行ってもらう“自己記入式”であり、5分程度と短い時間で行うことができる点がメリットとしてあげられます。
また、被験者であるクライアントの活動性の変化をリアルタイムに把握することができるため、その評価結果を基に作業療法計画の立案にすぐに役立つこともメリットの一つとしてあげられます。

メイソン‐椎野変法の項目について

メイソン‐椎野変法は主に4つの質問によって構成されています。

①被験者の関節について
②手指のこわばりについて
③現在の状態について
④関節毎の痛みや腫れについて

①被験者の関節について

Q:あなたの関節について答えてください。(線上にバツ印をつけてください)
1)本日の関節の腫れの程度はどのくらいですか?(10)

2)本日の関節の痛みはどれくらいですか?(10)

②手指のこわばりについて

Q:今朝、目か覚めたとき、手指が動かしにくくこわばっていましたか?
1)いいえ
2)はい

こわばった感じの持続時間はどれくらいですか?1つだけ〇印をつけてください。

時間 点数
30分以内 0
30分~1時間 2
1~2時間 4
2~4時間 6
4時間以上 8
1日中 10

③現在の状態について

Q:本日あなたの状態を表している項目を1つ選んで〇印をつけて下さい。

状態 点数
不自由なく通常の仕事ができる 0
不快感はあるが普通の仕事ができる 4
通常の仕事はほとんとできない 7
寝たきりあるいは座ったきりでほとんどあるいはまったく自分のことができない 10

④関節毎の痛みや腫れについて

Q:本日の関節の痛みや腫れの程度を下記の関節ごとに左右ともに、0~3の1つに〇印をして下さい。

関節
0 1 2 3 0 1 2 3
0 1 2 3 0 1 2 3
0 1 2 3 0 1 2 3
0 1 2 3 中手指関節 0 1 2 3
0 1 2 3 近位指関節 0 1 2 3
0 1 2 3 0 1 2 3
0 1 2 3 0 1 2 3
0 1 2 3 0 1 2 3
0 1 2 3 足の甲 0 1 2 3
0 1 2 3 足趾 0 1 2 3

メイソン‐椎野変法の点数とカットオフ値について

メイソン‐椎野変法は100点満点で、その点数が高ければ高いほど活動性としては低いことになります。
また、メイソン‐椎野変法はあくまで慢性関節リウマチの被験者の“現在の活動性”を数値化した評価法なので、
カットオフ値というものは特に決められていないようです。

まとめ

慢性関節リウマチのように進行性の疾患の場合、現在どの程度の障害の状況なのか?
日常生活の状態はどのようなものか?というものを経時的に評価していく必要があります。
被験者の活動性をリアルタイムで短時間で評価できるこの“メイソン‐椎野変法”は、作業療法プログラムを立案する際にも重要な情報収集手段に成り得ると思います。

作業療法士は語りたい!

メイソン‐椎野変法のように活動性を定量的に評価する方法って、
作業療法プログラムの立案だけでなく、生活指導にも有効なんだよね!
先月は○○点だったのが今月は△△点だった…というように比較検討しやすいですから、
クライアントにも理解しやすいでしょうからね!

参考:
RA多関節障害とQOLRAの活動性の評価.The rapid assessment of disease activity in rheumatology (radar) questionnaire.

 

おすすめ記事

リハビリの臨床や現場でアプリを使用するメリット・デメリットについて! MODAPTSによる作業分析の方法やメリットについてまとめてみた! CAT標準注意検査法の特徴とその目的、各検査の方法について! 年々増加傾向?就労継続支援A型の特徴や対象、平均工賃についてまとめてみた。 新年度の仕事を楽しく前向きに開始するための6つの方法をまとめてみた!

関連記事

Sponsored Link

OT愛東

臨床15年目の作業療法士。
作業療法士としてのキャリアと同時に、音楽関係、アパレル関係、ナイトビジネスなどの経験を経て現在ウェブ事業の展開も行っている。
現在は作業療法士のキャリアアップを目的としたウェブメディア『作業療法プレス』をはじめ、複数のブログメディアを運営。
また、自身の様々なキャリアから、改めて「働き方」を考え、支援するために“働きにくさをリハビリする”産業作業療法研究会を設立。
日本作業療法士協会会員・日本職業リハビリテーション学会員・両立支援コーディネーター

OT若菜

臨床3年目の新人作業療法士。
手先が器用なため、手工芸を用いたアクティビティでの介入が得意。
これといった趣味はなく休日は家でダラダラしている。
現在彼氏募集中。
PAGE TOP