中枢性疾患における痙縮の評価方法で代表的なものとしてModified Ashworth scale (MAS)があげられます。
今回はこのMASの方法や注意点についてまとめてみました!

Modified Ashworth scale (MAS)とは?

Modified Ashworth scale (モディファイドアシュワーススケール・MAS)とは、もともと1964年にAshworthらによって開発された評価法になります。
当時は多発性硬化症の痙縮(痙性)に対しての抗痙性薬の効果判定のために開発されたようですが、その後の改変によって対象が中枢系疾患クライアント全般になったようです。
現在でも、ボトックス臨床試験にも使用されています。

MASによる検査の対象について

前述したように、中枢系疾患のクライアント全般が対象となります。

MASの方法について

MASはどの項目においても、クライアントの関節を他動的に動かした際の抵抗感によって評価します。
またMASは以下の6段階によって示します。

段階 判断基準
0 筋緊張の亢進なし。
1 軽度の筋緊張亢進あり。引っ掛かりとその消失、または屈曲・伸展の最終域でわずかな抵抗がある。
1+ 軽度の筋緊張亢進あり。明らかな引っ掛かりがあり、それに続くわずかな抵抗を可動域の1/2以下で認める。
2 よりはっきりとした筋緊張亢進を全可動域で認める。しかし、運動は容易に可能。
3 かなりの筋緊張亢進あり。他動運動は困難。
4 患部は硬直し、屈曲・伸展は困難。

またいずれもクライアントは安楽な姿勢を取った上で評価することが必要です。

注意点について

MASを行う際の注意点としては、基本的に“被動性筋緊張”を評価する方法であるため、評価する関節運動の速度に大きく影響されます。
その影響を少なくするためにも、複数回、速度を変化したり、引っかかる角度を評価し、総合的に判断することが必要と言えます。

MASのエビデンスグレードについて

MASの推奨グレートとしては“B”になります。

まとめ

中枢疾患で多くみられる症状の一つにこの“痙縮”があります。
この痙縮の程度をしっかりと把握することが、適切な治療介入につながるってことを理解していないといけませんね!

作業療法士は語りたい!

でもやっぱりこの徒手的な評価方法って、
検者によってムラやズレがでてきますよね?
人の経験に依存するところが多い評価方法は、
どうしても信頼度としては怪しくなってしまうからね。
だからこそ評価には“医工連携”が必要なんでしょうね!
sponsored Link