Rehabilitation

「画面に近づいて」はNG? 視覚障害のパソコン操作には拡大鏡を試すべし!

 

人間の情報処理のほとんど(87%程度)は視覚に依存していると言います。
重要な感覚である“視覚”に障害があるけど「パソコンを使いたい」というクライアントに対して「画面に近づいて!」のアドバイスは適切とは言えません。
その場合は、コンピュータアクセシビリティ機能である『拡大鏡』を試してみると解決できるかもしれません!

ロービジョンの方がパソコンのモニタが見えにくいって場合、
「画面に近づいて!」じゃダメなんですか?
まあそれで解決もできそうだけど、
おすすめする解決方法ではないかもなー。
たしかにちょっと「アドバイス」としては適切ではないかも。
コンピュータアクセシビリティ機能の一つの『拡大鏡』機能の使用から導入するのがいいかもしれないね!
拡大鏡???
(ルーペのことかな??)




“拡大鏡”機能とは

拡大鏡の機能は、画面全体を拡大したり、一部分を拡大するといった視覚に障害がある方向けのコンピュータアクセシビリティ機能です。
Windows XPから拡大鏡の機能が搭載されていますので、現在出回っているWindowsのパソコンにはほとんど備わっていると考えてよいようです。

拡大鏡の基本動作について

Windowsでこの拡大鏡を使用するときは以下の操作手順を参考にしてください!

起動するとき

拡大鏡を起動する際は、

[スタート]→[すべてのプログラム]→[アクセサリ]→[コンピュータの簡単操作]のフォルダ内にある拡大鏡起動アイコンを探す。
[スタート] ボタンをクリックし、検索ボックスに「拡大鏡」と入力し拡大鏡起動アイコンを探す。
[Windowsキー] + [+]キーのショートカット機能により直接拡大鏡を起動。
の3つの方法があります。

拡大するとき

拡大鏡の表示をさらに拡大していくときは、

マウスで拡大鏡のボックス内の[+]をクリック。
[Windowsキー]+[+]のショートカット機能で拡大。
の2つの方法があります。

また、 

縮小するとき

逆に拡大鏡の表示を縮小していくときは、

マウスで拡大鏡のボックス内の[-]をクリック。
[Windowsキー]+[-]キーのショートカット機能で縮小。
の2つの方法があります。

終了するとき

拡大鏡の機能を終了するときですが、

拡大鏡ウィンドウの[×]をクリックし終了。
Windowsキー + [Esc]キーのショートカット機能で終了。
の2つの方法があります。

拡大鏡3つのモードについて

この拡大鏡ですが以下のような3つのモードがあります。

全画面表示モード

画面全体を拡大するモードです。
[Ctrl]+[Alt]+[Space]キーで元の画面に戻り、どのエリアが拡大されているのかがわかります。
また他のモードから[Ctrl] + [Alt] +「F」で全画面モードに切り替えることも可能です。

レンズモード

マウスポインターの周辺が拡大されるモードです。
マウスポインターを移動すると拡大している画面も追いかけてきます。
他のモードから[Ctrl] + [Alt] +「L」でレンズモードに切り替えることも可能です。

固定モード

画面の一部のみが拡大されディスプレイの上部に表示されます。
またレンズモード同様、マウスポインター周辺が拡大表示されます。
他のモードからは[Ctrl] + [Alt] +「D」でレンズモードに切り替えることも可能です。

まとめ

視覚に障害を持つ方向けのコンピュータアクセシビリティ機能である“拡大鏡”については「こんな機能はじめて知った」という人も多いかもしれません。
WindowsのOSに搭載されている機能ですから無料で試せることからも、まず初めに使用してみるとよいかもしれませんね!

作業療法士は語りたい!

糖尿病による緑内障の方が、仕事でパソコンを使用したいけど見えにくい…
なんてケースにも適合できそうですよね。
そうだね!
作業をする場合は視覚からの情報が大事なことからも、
OTは様々な視覚補助のための機器やツール、方法を知っておく必要があるだろうね。
sponsored Link
 

ピックアップ記事

Sponsored Link

PAGE TOP