Muscle

頚長筋(けいちょうきん)- 起始停止・支配神経・血液供給動脈・

 

頚長筋は、脊柱前部で固定されている椎前筋です。
頚長筋は上斜筋、下斜筋、垂直筋の3つで構成されています。
今回はこの頚長筋の起始、停止や支配神経、基本的な働きについて解説します。

頚長筋の起始・停止について

頚長筋は、椎骨から起こって椎骨につく筋で、頸椎の前外側にあります。
環椎から第3胸椎までの間に延び、おおむね次の3つの部位に分けられます。

  • 上斜部
  • 下斜部
  • 垂直部

以下に詳しく解説します。

上斜部

上斜部は第3~第6頸椎の横突起から起こり、環椎前結節に停止します。

下斜部

下斜部は第1~(第2)第3胸椎体から起こり、第5~第7頸椎の横突起に停止します。

垂直部

垂直部は最内側で、第5頸椎~第3胸椎体からおこり第2~第4頸椎体に停止します。

頚長筋の支配神経について

頚長筋の支配神経ですが…

頸神経前枝(C2~C6)

…となります。

口輪筋への血液供給動脈について

口輪筋へ血液供給をする主な動脈は…

  • 上行頚動脈
  • 上行咽頭動脈
[/su_note]

…があげられます。

頚長筋の主な働き

頚長筋の機能についてですが、

・頚椎の屈曲およびわずかな回旋
…になります。

つまり、頚長筋の両側が働けば頸椎を前方に曲げ、片側が働けばこれをその側にまげる作用に働きます。

頚長筋を英語で何て言う?

longus colli muscle

頚長筋をラテン語で何て言う?

M.longus colli

読み方・発音

ロンガス コリ
sponsored Link
 

ピックアップ記事

Sponsored Link

PAGE TOP