Rehabilitation

Lift-off test(Gerber’s test) – 肩甲下筋損傷の徒手的評価として

 

肩甲下筋損傷への徒手的な検査方法のひとつとして“Lift-off test(LOT)”があげられます。

本記事では、このLift-off testの目的や方法、診断学的有用性について解説します。

想定読者としては…

  • 作業療法士(整形領域)
  • 理学療法士
  • 柔道整復師

…になっています。

Lift-off test(Gerber’s test)とは?

Lift-off test(Gerber’s test)とは、

肩甲下筋損傷の評価

…の徒手検査法の一つになります。

目的

Lift-off testの目的としては、

肩甲下筋損傷による痛みや筋力低下の診断

…とされています。

Lift-off testの検査方法

ここではLift-off testの検査方法について解説します。

検査の流れとしては次の通りになります。

  1. 立位姿勢で、検査肢位(肩関節伸展・内旋位、肘関節屈曲位)になり、手部を腰部に置く
  2. 検者は被験者の背面に立ち、手を背中から遠ざけるように指示を出す
  3. 検者は被験者の肩関節外旋方向に力を加え、被験者はそれに抵抗する
  4. 肩関節後面の痛みを確認する

以下に詳しく解説します。

1.立位姿勢で、検査肢位になり、手部を腰部に置く

被験者は立位姿勢で、

  • 肩関節伸展位
  • 肩関節内旋位
  • 肘関節屈曲位

…の検査肢位になり、手部を腰部に置くようにします。

2.検者は被験者の背面に立ち、手を背中から遠ざけるように指示を出す

検者は被験者の背面に立ち、手を背中から遠ざけるように指示を出します。
この肢位をリフトオフ肢位と言います。

3.被験者の肩関節外旋方向に力を加え、被験者はそれに抵抗する

手部を腰部から離して保持することが可能なら、検者が手部を腰部に向かって押すことで肩関節外旋方向に力を加え、被験者はそれに抵抗するようにします。

4.肩関節後面の痛みを確認する

肩関節後面の痛みを訴えるorリフトオフ肢位をとることができなければ肩甲下筋の全層損傷の可能性があります。
また、リフトオフ肢位での外旋筋力が低下していれば部分損傷の可能性があります。

Lift-off testの診断学的有用性

Lift-off testにおける診断学的有用性については次の通りになります。

著者 信頼性 感度 特異度 陽性尤度比 陰性尤度比
Micheroli R,et al(2015) Kappa=0.21 100 55 2.22 0
Lasbleiz S,et al(2014) 肩甲下筋腱炎・痛み NR 0 94.1 0 1.06
肩甲下筋腱炎・筋力低下 NR 0 82.3 0 1.21
肩甲下筋全層損傷・痛み NR 50 100 0.5
肩甲下筋全層損傷・筋力低下 NR 75 91.2 8.5 0.27
Yoon JP,et al(2013) NR 12 100 0.88
Yuen CK,et al(2012) 肩甲下筋腱損傷 NR 43 71 1.5 0.8
回旋筋腱板全層損傷 NR 39 74 1,51 0.82
Alqunaee M,et al(2012) 筋力低下 NR 42 97 16.47 0.59
Barth JR,et al(2006) NR 17.6 100 0.82
OstorAJ,et al(2004) kappa=0.28-0.32 NR NR NA NA

まとめ

本記事では、肩甲下筋損傷の徒手的評価に使われるLift-off testについて解説しました。

Lift-off testは…

  • 肩甲下筋損傷の評価に用いられる
  • 肩甲下筋損傷による痛みや筋力低下の診断を目的としている
  • 肩関節後面の痛みやリフトオフ肢位をとることができなければ肩甲下筋の全層損傷の可能性が高い
  • リフトオフ肢位での外旋筋力が低下していれば部分損傷の可能性が高い

作業療法士は語りたい!

このリフトオフ肢位は覚えておくと便利だね!
肩甲下筋損傷の評価には必須の肢位ですからね!
肩関節拘縮の評価と運動療法 (運動と医学の出版社の臨床家シリーズ)

肩関節拘縮の評価と運動療法 (運動と医学の出版社の臨床家シリーズ)

赤羽根良和(さとう整形外科病院)
5,940円(10/20 20:01時点)
発売日: 2013/06/15
Amazonの情報を掲載しています
sponsored Link
 

ピックアップ記事

Sponsored Link

PAGE TOP