Muscle

肩甲挙筋(けんこうきょきん)-起始停止・

 

肩甲挙筋は胸部の後筋で、頚部の後方と側方に位置し、胸帯に作用する筋です。
今回はこの肩甲挙筋の起始、停止や支配神経、基本的な働きについて解説します!

肩甲挙筋の起始・停止について

肩甲挙筋の起始、停止についてですが…

  • 起始:第1~第4頚椎横突起
  • 停止:肩甲骨

…となります。

以下に詳しく解説します。

起始

肩甲挙筋は、後方で僧帽筋、側方で胸鎖乳突筋に被われ、第1~第4頸椎の横突起後結節を起始とします。
その後、ななめに外下方へ走行します。

停止

肩甲挙筋は、肩甲骨上角内側縁上部に付着(停止)します。

肩甲挙筋の主な働き

肩甲骨を上内方に引く働きをします。このとき下角が内側に回ります。

肩甲挙筋の神経支配

頸神経叢の枝と肩甲背神経C2~C5

肩甲挙筋を英語で何て言う?

Levator scapulae muscle

肩甲挙筋をラテン語で何て言う?

M.levator scapulae

読み方

リヴェイター スカピュラ

sponsored Link
 

ピックアップ記事

Sponsored Link

PAGE TOP