Activity

革細工の素材 – 一般革・エキゾチックレザーについて

 

革細工(レザークラフト)で使用される素材にはどのようなものがあるのでしょうか?

本記事では主に革細工で使用される素材である牛革をはじめ、馬革や豚革、そしてエキゾチックレザーと言われる革についても解説します。

一般革の種類について

まず、革細工に使用される革の種類についてですが、一般革とよばれているものは…

  • 牛革(カウレザー)
  • 馬革(ホースハイド)
  • 羊革(シープスキン)
  • 豚革(ピッグスキン)
  • 鹿革(ディアスキン)
  • 山羊革(ゴートスキン)

…などがあげられます。
以下に詳しく解説します。

牛革(カウレザー)


牛革は世界で最も一般的な原皮といわれています。
財布やバック、靴など幅広い用途で使われています。
レザー(革)製品の多くは、牛革で作られているといってもよいかもしれません。
その理由としては、牛は食用として飼育されているため、安定した供給量が見込めるからです。
原産国についてですが、北米産ものが最も多く、ついでオーストラリア、カナダとなっているようです。
ちなみに、日本国内で生産された牛革は「ジナマ」と呼ばれ、国産の牛革は管理状態がよい事から、品質が高い革として人気があります。

また、牛革の特徴としては…

  • 表面の凹凸が少なく平滑で強度がある
  • 面積が大きく厚みがあり量的にも安定している
  • 繊維組織が比較的均一
  • 強度面、耐久性にも優れている

…などがあげられます。

馬革(ホースハイド)

馬革は強くて軽くてやわらかいという特徴を持ちます。
その理由としては、馬は牛と違って運動量が格段に多いので、余分な脂肪が少ないため皮が薄く、軽くて柔らかくなるようです。
インテリア、レザーウェアなどに多く使われている革で、財布といった男性用の革小物にも使用されています。
「馬革と牛革の違いは何か?」という質問に対してですが、大きな違いは強度という点です。
一般的には牛革の方が強いと言われますが、牛革は馬革に比べ分厚くやや硬めの場合がほとんどのためのようです。
もし同じ厚さ、同じなめし、同じ仕上げを行ったもので比較をすると、薄さの割には馬革の方が強いという結果になるようです。

また、“コードバン”は馬の臀部(お尻)部分だけを使用した革になります。
馬1頭から採れるコードバンの量はごくわずかなため、非常に高級革になります。
コードバンの繊維密度は牛革のおよそ3~5倍高密度と言われ、強度や耐久性も非常に高いのが特徴です。
表面は美しい光沢があり、硬くてハリがある革であることからメンズフォーマルな財布や名刺入れ・キーケース・バッグなどの革製品に利用されることが多いようです。

羊革(シープスキン)

羊革はきめの細かさ、柔らかさが特徴の素材です。
薄くて軽く、保温性が高いので、レディース・アウタージャケットやコート、手袋などに使用されています。
年齢によって、革は「ラムスキン」と「シープスキン」に大別され、ラムスキンの方が高級品です。
また、羊革は牛革に比べるとどうしても強度は劣ってしまいます。

豚革(ピッグスキン)


豚革は“ピッグスキン”とも呼ばれています。
牛革の次に多く使われている革素材です。
この豚革は唯一、全ての原皮の生産が国内で行湧得ており、アジア圏を中心とした諸外国に輸出もしている革になります。
日本製の豚革は海外での評価も高く、日本が誇る革素材としても知られていて革製品としては数少ない輸出品です。
豚革は、牛革より薄くて軽量であり、通気性が良く、摩擦に強い丈夫な革になります。
表皮の下がすぐに脂肪などの皮下組織になる為、ほぼ銀面だけの厚みにしか加工できないというデメリットもあります。
したがって、その薄さと丈夫さを生かす為、ジャケットやコート、高級手袋や帽子だけでなく、財布、靴などにも使用されています。

しかし、国産がほとんどでも関わらず日本では、豚革というと牛革や馬革と比べるとランクの低い革という認識をしている方が多いようです。
その理由としては、豚革の最大の特徴である、銀面にある細かな凹凸と、3つ一組で三角形に並んでいる(∴のように見える)独特の毛穴模様にあるといわれています。
この独特の毛穴模様があることで通気性がよくなるのですが、同時によくも悪くも豚革だとわかってしまう…ということにあるようです。
ただその反面、ヨーロッパでは高級な革素材として認知されていおり、HERMES(エルメス)、GUCCI(グッチ)といった高級ファッションブランドの革製品には昔から豚革が使われています

鹿革(ディアスキン)

鹿革はディアスキンとも呼ばれている革です。
鹿革は軽くて丈夫で柔軟性に優れています。
さらに通気性が良く水に強いという特徴があり、しかも非常にキメ細かい革です。
蒸れにくく臭いを防ぐという性能を持ち、なめらかな質感と強靭さ、柔軟さを持っているため、手袋、衣料品、ポーチなどに使われています。
しかし鹿革は牛革に比べて供給量が少ないこと、かなり傷が付きやすいく革の銀面(表面)が剥離しやすいというデメリットもあります。

山羊革(ゴートスキン)

山羊革は感触がソフトであり、かつ丈夫でやや固いことが特長です。
また、繊維の密度が高く、傷に強く丈夫で耐久性があります。
牛革に比べると薄く柔らかいため、型崩れなどを起こしにく、さらにもむと美しいしわができるのも特徴です。
加えて希少価値が高いため高級革製品に使用されています。
子山羊の革であるキッドスキン、成山羊(大人)の山羊の革のゴートスキンの2種類にわけることができます。

ヤク革(ヤクレザー)

YAKはヒマラヤ高原の山脈に住んでいる牛の仲間になります。
見た目はアメリカバイソンを小型にしたようなイメージになります。
通常の牛革の3倍以上の強さを持っています。
そのため薄く加工しても充分な強度を維持できるため、軽くて通気性に優れた革になります。

エキゾチックレザー

エキゾチックレザーとは、希少性の高く独自の模様を持つ皮革の総称で、レアレザーとも呼ばれています。
その種類としては…

  • 駱駝(らくだ)革
  • カンガルー革
  • ダチョウ革(オーストリッチレザー)
  • アザラシ革(シールレザー)
  • カバ革(ヒポレザー)
  • ゾウ革(エレファントレザー)
  • エイ革(スティングレイ)
  • サメ革(シャークスキン)
  • カエル革(フロッグレザー)
  • 魚革
  • トカゲ革(リザードレザー)
  • ジャクルシー革
  • ヘビ革
  • ワニ革

…などがあげられます。
以下に詳しく解説します。

駱駝(らくだ)革

ラクダの革は、一頭から採取できる革の量が大変少ないため非常に希少でヨーロッパでは高級革として扱われています。
ラクダは砂漠地方に生息しているため、日中は酷暑、夜間は極寒という過酷な環境から身を守るために革の組織が詰まっているという特徴をもちます。
そのため、弾力性がありしなやかでやわらかいのに耐久性に優れていて丈夫な革になります。
牛革と比べて約2倍以上の耐久性をもつといわれています。

カンガルー革

カンガルー革の外見は牛革とかなり似ています。
中でも高級皮革とされるカーフスキンと似ていますが、基本的にカンガルーの革は銀面(革の表面)にシワが多いため、見た目は悪いものが多いようです。
しかし非常に強靭で単位あたりの引き裂き強度は通常の牛革より2倍近く強い革になります。
そのため、最近では軽さと強度も兼ね備えていることから野球やサッカーなどのスパイクやスポーツシューズに使われることが多いようです。

ダチョウ革(オーストリッチレザー)

オーストリッチレザーとよばれているこの革は、鳥類で唯一量産できる革素材になります。
羽を抜いた後が丸く突起し、皮の表面に面白い模様が特徴とも言えます。
高級素材のバッグや靴、財布といった小物に使われることが多いようです。
野生のものは減少傾向にあるため、南アフリカなどでは積極的なオーストリッチの飼育が行われていて、皮革としての計画的な生産と管理がなされているようです。

アザラシ革(シールレザー)

アザラシやオットセイといった海獣(海に住む哺乳類)の革は“シール”と呼ばれています。
厚みがあって丈夫であり、頭から尾に向けて独特な波状のウネ模様が特徴です。
アザラシの革もオットセイの革も、製品となるとその表面は非常に似ているようです。

カバ革(ヒポレザー)

カバ革は、「ヒポレザー」とも呼ばれています
表面の層を取り除く為、起毛だったスエードやヌバックのような質感が特徴です。
強度もゾウ革同様に耐久性に優れていて、水にも比較的強く、細かく不規則に入ったナイフで刻んだようなシャープで深い溝が独特で特徴的な革になります。
ある程度水をはじき、摩耗にも強い特徴からブーツや財布などに使用されています。

ゾウ革(エレファントレザー)

エレファントレザーとも呼ばれているこの革は、独特のシワ模様とビーズ状の表面が特徴です。
摩擦に強く耐久性に優れており、使うほどに味わいが深まります
しかし、このゾウ革はウ革は輸出入の規制が厳しくチェックされており、現在アジアゾウはワシントン条約の規制により、商業取引はできなくなっています。

エイ革(スティングレイ)

エイ革は人間の歯と同じリン酸カルシウムで出来ており、非常に硬く光沢感があります。
“海の宝石箱”や“革の宝石”とも形容され、ガラスビーズを敷き詰めたような美しさがあり、合皮で再現するのは不可能だと言われています。
特徴的なのは、スターと呼ばれる中心部の白い斑点で、これはエイが光を感知する器官。一匹につき一つしか取れない模様で、エイ革の象徴となっています。
また、エイ革は歯と同じ成分ということで牛革の6倍耐久性であるため、普段使いで傷つくことはないようです。
また、防汚性・耐水性も抜群でありメンテナンスフリーというのも特徴といえます。

サメ革(シャークスキン)

シャークスキンとよばれる革になります。
370種を超えるサメの中でも、革として使用されるのは、ヨシキリザメやホオジロザメ、イタチザメといったわずか20種のみです。
サメは穫れる量が少ないこと、養殖するのが難しいこと、また加工するのに一般的な皮革とは異なる技術が必要になることから希少性が高い革のため価格が高くなっています。
水に強く、高い強度が特徴で、使うほどに柔らかさと艶が増す素材です。
筋繊維が密なためしなやかで丈夫な性質を持ち、傷がつきにくい特徴があります。
シャークスキンは強度が高い革素材なので、頻繁に出し入れする財布やバッグ、ベルトなどに使用されます。
水に強いので水を通しにくく、濡れても縮みにくいこともあり扱いやすい。
また、ロレックスなどの有名海外時計ブランドの革バンドにも使用される。
硬いうろこはヤスリやわさびのおろし金にも使用されます。

カエル革(フロッグレザー)

カエル革(フロッグレザー)は、主に熱帯地域の東南アジア方面、タイ、インドネシアや、メキシコ地方の20~30センチ程度の大きさの蛙の革になります。
欧州ヨーロッパや、東南アジアの方では、小物や、カバン、靴などのファッションに多く取り入れられています。
開運グッズとしても人気があるようですが…日本ではあまり馴染みのない革かもしれません。

魚革

実は魚の皮を使用した革細工も少ないながらあるようです。
実際アイヌではイトウの革を使用した民族衣装があります。
また、海外ではティラピアなどの廃棄される皮を加工して革細工を行う事業もあるようです。
マグロやブラックバスやウツボの革を使用して革細工を行う事例もあるようですが、加工が非常に難しいようです。

トカゲ革(リザードレザー)

リザードレザーと呼ばれるこのトカゲの革は、美しく整然と並んでいる丸くて粒上の細かいうろこが特徴です。
光沢感溢れる仕上がりで、トカゲ模様が強いのでキズになりにくい革になります。
世界中には4000種近くのトカゲが生息しておりますが、皮革製品に利用されているものは極めて少なく、わずか9種類ほどのようです。

ジャクルシー革

ジャクルシーとは南米ブラジル、ガイアナが主な生息地であるカイマントカゲというトカゲの一種です。
頭部から背部にかけて、特徴のある楕円形の背鱗板が、ワニの背部の様に並んでいるのが特徴です。
そのため、カイマントカゲ(ワニトカゲ)などとも呼ばれています。
生態に関して分からない事が多く、飼育が困難なこともあり、貴重な存在として扱われているようです
また、ワシントン条約の制定以来ほとんど流通することがなくなってしまった素材です。

ヘビ革

ヘビ革は大きな類のパイソンと小さな類のスネークにわけられます。
革として人気なのはパイソン革で、個性的で存在感のあるはんもんやうろこ模様が特徴です。
背部を活かしたベリーカット、反対に腹部を利用するバックカットのタイプがあります。

ワニ革

爬虫類皮革の代表的なものがワニ革といえます。
他の皮革にはない独特のうろこが特徴です。
実際に革として利用されるワニは、クロコダイル・アリゲーター・カイマンの3種類のみになります。

その他

その他の革としては次のようなものがあげられます。

イノシシ革

農作物を荒らす害獣として問題になっているイノシシですが、この駆除対象としてのイノシシの皮を再利用する取組みが増えてきています。
イノシシの革は、豚の革同様に摩擦に強く、軽量で耐久性もあり、そこに柔らかさと通気性にも優れた材質を持ち合わせています。

革細工で革の素材を知るということ

革細工を趣味としてでも、仕事としてでも行う場合でも、作業療法のひとつのセラピーとして行うにしても、“革細工”という一つの作業活動、文化の背景を知るということは非常に重要だと思います。
ましてやその素材の種類を知ることで、革細工を通してみる視点や発想を広げる事ができます。

まとめ

本記事では、革細工(レザークラフト)に使用する革素材の種類について解説しました。

革素材の種類については…

  • 一般革とエキゾチックレザーとにわけられる
  • 基本は牛革(カウスキン)
  • 革の素材を知ることは、革細工を通して様々な視点や発想を広げることにつながる

作業療法士は語りたい!

アクティビティとして革細工を使用するときは、手に入りやすい牛革がおすすめだろうね!
扱いやすさから考えると豚革もいいかもしれませんね!
素材の特徴を知ることは、提供するアクティビティの幅を広げることにつながるね!
sponsored Link
 

ピックアップ記事

Sponsored Link

PAGE TOP