Rehabilitation

コース立方体組み合わせテスト – 特徴・目的・検査方法・注意点・カットオフ値について

 
コース立方体組み合わせテスト

被験者の知能検査の方法はいろいろありますが、“コース立方体組み合わせテスト”もその中で有名な検査の一つと言えます。
そこで今回はコースコース立方体組み合わせテストの方法や解釈、平均点などについてまとめてみました!

コース立方体組み合わせテストとは?


コース立方体組み合わせテストとは、赤,白,青,黄の4色に塗り分けられた立方体のブロックを用いて課題の模様を作る“非言語性”の知能検査になります。
1920年にアメリカの“S.C.Kohs”が発表した知能検査で、日本では1966年に心理学者である“大脇義一”氏が翻案しました。
この検査は積み木を使用することから、“Block Design Test(BD テスト)”と呼ばれることもあります。

発案者である“S.C.Koh”氏自身も、最初は“Block Design Test”と呼んでいたみたいですね!

特徴

赤,白,青,黄の4色に塗り分けられた立方体を用いて並べるという単純な作業を用いた検査になるため、被験者の手先の器用、不器用は特に影響せずに行うことができます。
また2問連続して課題遂行を失敗した時点で検査が終了になるルールのため、知能の低下が著しい被験者であるほど時間がかからず早く検査終了となるので、負担がかかりにくい…というのも特徴と言えます。

目的について

コース立方体組み合わせテストを実施する目的としては…

  • 知能(IQ)の測定
  • 構成力の検査
  • MCI(軽度認知機能障害)のスクリーニング検査
…があげられます。

対象について

コース立方体組み合わせテストの適応対象としては6歳~成人とされています。
検査方法が立方体の積木を使用するという“非言語性”の検査である点からも、聴覚障害や失語症といった言語障害がある場合でも適応とされています。

所要時間

コース立方体組み合わせテストの所要時間は20分から場合によっては50分程度であり、平均35分を要します。

次ページ:コース立方体検査のやり方、方法について

sponsored Link
ページ:

1

2 3 4
 

ピックアップ記事

Sponsored Link

PAGE TOP