ADL評価の方法で“Kenny Self-Care Evaluation(ケニー・セルフケア)”という介助量に焦点を当てた評価方法があります。
今回はこのケニー・セルフケアの特徴や項目、採点についてまとめてみました!

Kenny Self-Care Evaluation(ケニー・セルフケア)とは?

Kenny Self-Care Evaluation(ケニー・セルフケア)とは、1965年、シェーニング(Schoening)らによって報告された評価法になります。

特徴

ケニー・セルフケアの特徴としてですが、被験者の能力を、できるか否かで評価する点にあり、評価項目が簡略化されているため評価が簡単なこと。
また、介助量による負担をスコア化するため、介助者の負担度も評価できる点が特徴的と言えます。

評価項目について

ケニー・セルフケアでは、

①ベッド上の活動
②移乗
③移動
④更衣
⑤身体の清潔
⑥食事
…の6つの項目で構成されています。
また、それぞれの項目は以下の小項目に分けられます。

①ベッド上の活動

・ベッド上移動
・起き上がりと座位

②移乗

・座位
・立位
・トイレ

③移動

・歩行
・階段
・車いす

④更衣

・上部体幹と上肢
・下部体幹と下肢
・足部

⑤身体の清潔

・顔、髪、上肢
・体幹、会陰部
・下肢
・排便
・排尿

⑥食事

・食事

採点方法について

ケニー・セルフケアでは、0点(すべて依存)から4点(自立)までの段階で各小項目を評価します。
その次に大項目(6つのカテゴリー)ごとに平均点を算出し、その平均点を加算します。

また、ケニー・セルフケアの総得点の最高点は24点最低点は0点になります。

まとめ

ケニー・セルフケアもFIMBI同様、ADL能力を点数化するという点では共通しています。
簡潔に評価できるというメリットを生かして、利用するとよいでしょうね!

作業療法士は語りたい!

各項目の平均点やカットオフ値についてはあまり情報がないですね。
国内ではそんなに多く使われていない評価方法…って印象を受けるからね。。。
sponsored Link