Rehabilitation

Katz Activities of Daily Living Index(カッツインデックス)の概要や採点方法について

 

ADLの評価の一つに“Katz Activities of Daily Living Index(Katz Index:カッツインデックス)”というものがあります。
あまり馴染みがないかもしれませんが、今回はこの“カッツインデックス”についてまとめてみました!

Katz Activities of Daily Living Index(カッツインデックス)

“Katz Activities of Daily Living Index(カッツインデックス)”は、アメリカのクリーブランドの『Benjamin Rose病院』のスタッフが開発したADLの評価ツールになります。
8年間かけて1001症例(2000以上の評価結果)から開発され、1959年に“Journal of chronic Diseases誌”に最初に報告されたようです。

開発者のカッツ(Katz)らは、「高齢期患者のADL機能の衰退には一定の順序が認められる」と主張しました。
その主張についてですが、

①成人ははじめ、入浴、更衣など6種のADL領域のすべてにおいて自立しているが(指標A)
②やがて6つのうちの1つに自立性を失う(指標B)
③さらに入浴とその他の1つ(以下順次、更衣、トイレへの移動)の自立性が失われていって(指標C)
④最後はすべての自立性が失われる。
…という順になります。

この機能衰退はヒトの発達や系統発生の順序の逆になります。

この評価は以下の取決めに従って動作領域の自立か依存を判定し、それを勘案してA~GおよびOの判定に進むことになっています。
特徴としては、実際に行っている生活動作の状況を評価します。

Katz Activities of Daily Living Indexの採点について

“入浴”、“更衣”、“トイレに行く”、“移乗”、“尿便禁制”、“食事”の6領域で、機能的に自立しているか依存しているかを評価します。
それに基づき、AからGの7段階に分類します。
(この場合の“自立”とは、監視、指示、介助なしを意味します。)

A:入浴、更衣、トイレに行く、移乗、尿便禁制、食事のすべての領域で自立している
B:上記の領域のうち、5領域が自立している
C:上記の領域のうち、入浴ともう1つの領域を除き、4領域で自立している
D:上記の領域のうち、入浴と更衣ともう1つの領域を除き、3領域で自立している
E:上記の領域のうち、入浴と更衣とトイレに行くともう1つの領域を除き、2領域で自立している
F:上記の領域のうち、入浴と更衣とトイレに行く、移乗ともう1つの領域を除き。1領域で自立している
G:すべて依存している
O(その他):少なくとも2つは依存している。ただしC,D,E,Fに分類されない

入浴(スポンジ、シャワー、浴槽)

自立:浴槽の出はいりが自立、身体の一部(背中、脚)に介助を要する
依存:身体の複数の部位、あるいは入浴をしない

更衣

たんすや引き出しから衣類を取り出す。下着、上着、ファスナー操作、(使用するならば)装具の装着を含む
自立:衣類を取り出し、1人でできる。靴紐を結ぶことは除く
依存:衣類の取り出しや更衣に援助が必要。またはまったくできない

トイレに行く

自立:トイレに行く、排泄後の後始末をする。下着を整える。夜間の便器の使用
依存:排泄の後始末、下着を整える、便器の使用に介助を要する、または全介助を要する

移乗

自立:介助なしでベッドや椅子の出入りができる。杖やウォーカーを使用しても構わない
依存:ベッドやいすの出入りに介助が必要である。ベッドから出入りしない

尿便意禁制

自立:排尿、排便は1人で可能
依存:失禁がある。下剤やカテーテル、排尿、排便に介助を要する

食事

自立:皿から口へ食べ物を運ぶ(肉を切る、パンにバターをつけることは除く)
依存:上記に介助を要する:経管栄養

まとめ

ADLの評価でよく使われているのはBarthal IndexFIMになりますが、今回の“Katz Activities of Daily Living Index”のようなADL評価ツールもあるということは知っておいて損はないと思います。
特にKatsが主張した「高齢期患者のADL機能の衰退には一定の順序が認められる」という意見も、高齢のクライアントの予後予測に貢献できるでしょうからね!

作業療法士は語りたい!

でもこのカッツインデックスを使用している論文って少ないですね!
修正版もあるようだけど、やっぱりADLの評価BIFIMが主流なのかもしれないね!
sponsored Link
 

ピックアップ記事

Sponsored Link

PAGE TOP