介護

訪問リハとは? – 定義・対象・目的・種類・メリットとデメリット・今後の課題について

 

自宅にいながら作業療法士や理学療法士、言語聴覚士のリハビリを受ける事我できる“訪問リハビリ”。
入院期間の短縮や外来リハビリの打ち切りなどで、今後さらに需要が高まる介護保険サービスの一つとされています。

そこで本記事では、訪問リハビリの…

  • 概要
  • 利用するメリット・デメリット
  • 今後の訪問リハの課題

…などについて解説します。

訪問リハビリとは?

訪問リハビリとは…

要介護者の自宅にリハビリ専門職が訪問し、利用者の心身機能の維持・回復や日常生活の自立を目指したリハビリを提供するサービス

…と定義されます。

対象

介護保険における訪問リハビリの対象としては…

  • 要介護1~5と認定された人
  • 主治医が利用を必要と認めた人

…とされています。

目的

訪問リハビリを行う目的としてですが…

  • 在宅生活のおける日常生活の自立
  • 家庭内役割の創出
  • 社会参加の向上

…などがあげられます。

あくまで機能訓練に限らないという点が特徴的とも言えます!

リハビリの種類

では、訪問リハビリではどのような種類のリハビリサービスを行うのでしょうか?

大枠としては…

  • 病状の観察
  • 身体機能向上のための訓練
  • 日常生活動作の指導や助言
  • 福祉用具や住宅改修の相談
  • 介護相談

…などがあげられます。

以下に詳しく解説します!

病状の観察

在宅生活をしている利用者の健康状態や病状の確認も行います。

例としては次のような項目があげられます。

  • バイタルチェック(体温、脈拍、呼吸、血圧測定等)
  • 病状の観察や助言
  • 精神面の健康状態の確認と助言
  • 介助者の健康状態の確認と助言
  • 再発予防と予後予測

身体機能向上のための訓練

利用者自身の身体機能を底上げするための機能訓練も、訪問リハビリの業務の一つになります。

  • 筋力強化のための運動
  • 関節拘縮を予防するための運動
  • バランス能力向上のための運動
  • 痛みの評価と疼痛緩和

日常生活動作の指導や助言

リハビリを受ける環境が、生活をしている自宅であることを活かして、日常生活動作の指導や助言なども行います。

  • 食事やトイレ、着替えなどの訓練
  • 部屋の中や庭、近所を歩く訓練
  • 様々な家事動作の訓練
  • コミュニケーション機能の改善
  • QOLの向上や趣味、社会参加促進のための助言

…など、多岐にわたります。

福祉用具や住宅改修の相談

利用者が使用する福祉用具または補装具の検討、自宅環境の住宅改修の相談なども行います。

この場合、実際に使用したうえで検討するため、福祉用具の業者やケアマネ、住宅改修の業者との打ち合わせなども業務に含みます。

介護相談

介護者である家族の相談にのることも訪問リハビリでは重要な業務の一つと言えます。
また、介護指導や精神的な支援、福祉制度利用の助言や相談も行う場合があります。

経験則だけど、利用者本人だけでなく家族も訪問リハビリを楽しみにしているケースが多いように感じるね!
介護生活という閉鎖的な環境でのストレスを、交流によって発散する…というのも重要なんでしょうね!

訪問リハビリのメリット・デメリット

ここでは、訪問リハビリのメリット・デメリットについて解説します。

メリット

訪問リハビリのメリットとしては…

  • より実践的なリハビリが行える
  • 生活しやすい環境調整がすぐに行える
  • 利用者に合わせたプログラムを提供しやすい
  • 家族の相談に乗りやすい

…などがあげられます。

より実践的なリハビリが行える

訪問リハビリを行う場所は、利用者が現在住んでいる自宅ですので…

  • 「玄関の段差が上りにくくなった」
  • 「裏庭で転びそうになった」
  • 「台所仕事をもっと楽にしたい」

…といった日常生活での問題に対してより具体的に介入することができます。

生活しやすい環境調整がすぐに行える

福祉用具の選定や住宅改修の提案なども、訪問リハビリの業務の一つになりますが、自宅で相談を受けながら提案ができるので…

利用者がより“生活しやすい環境”に調整する

…ということがスムーズに行えます。

利用者に合わせたプログラムを提供しやすい

病院やデイケアなどのでリハビリだと、生活をする自宅環境ではない訓練室や病棟でのリハビリになってしまうため、

自宅環境を想定した訓練

…にならざるを得ません。

その点、訪問リハビリの場合は、より利用者の状況や環境を考慮した上でのリハビリプログラムを立案しやすいと言えます。

家族の相談に乗りやすい

訪問リハビリの場合、利用者の自宅に伺ってリハビリを行うので、言うなれば利用者やその家族の“ホーム”で行うことになります。
病院やデイケアなどはどうしても“アウェイ”になってしまい、なかなか本音で相談できにくい…という声も聞かれます。

また、病院でいくら介護指導を受けても、実際の自宅の環境とは異なるため、病院では上手くできても自宅ではそれが活かされない…なんてこともあるようです。
単発の指導ではなくある程度定期的な頻度での指導を行うことができるので、家族も習慣化しやすいというメリットがあります。

デメリット

ではその一方、訪問リハビリのデメリットとはどのようなものがあげられるのでしょうか?

主に…

  • 専門的な機器を使用することが難しい
  • 他者との交流が限定的になってしまう
  • 入浴や食事といった介護サービスを受けることができない

…などがあげられます。

専門的な機器を使用することが難しい

病院やデイケアなどでは、エルゴメーターや筋力強化の機械など設備が整っていますが、訪問リハビリの場合は簡単な用具の持ち込みのみになってしまいます。
利用者にとっては少し物足りない…と感じる場合もあるようです。

他者との交流が限定的になってしまう

自宅にいながらリハビリを受けることができるというメリットは、逆に言えば「外に出る機会を奪ってしまう」とも言えます。
その結果社会参加や他者交流の機械の損失につながってしまう可能性もあります。

入浴や食事といった介護サービスを受けることができない

デイケアといった施設サービスの場合は、リハビリ以外に入浴や食事介助といった介護サービスを受けることができます。
しかし訪問リハビリの場合はあくまで“リハビリ”に限定してしまうため、「様々な介護や介助をしてもらいたい」という要望にはなかなか応えにくいかもしれません。

今後の訪問リハの課題

どうしても従来の訪問リハビリの利用の仕方は、維持期・慢性期特有の“半永続的なサービス提供”になってしまっていました。
たしかに、今後の在宅医療、在宅介護を考えると、訪問リハビリというサービスは必須になると思います。

それでも、週に1回の訪問リハビリがないと生活できない状況…というのは、リハビリテーションの目的としてはズレてきてしまうように感じます。

  • 病院から退院した直後の環境変化に対応するため
  • 生活上の問題が勃発した際の単発的な解決手段として

…こういった薬で言えば“頓服”のような利用の仕方が主になってくると思います。

まとめ

本記事では、訪問リハビリの概要やメリット・デメリットについて解説しました。

訪問リハとは…

  • 要介護者の自宅に訪問し、心身機能の維持・回復や日常生活の自立を目指したリハビリを提供するサービス
  • あくまで目的は、在宅での日常生活の自立や社会参加の向上
  • 提供するリハビリの種類としては、機能訓練から家族への指導まで様々
  • 自宅環境で行えるというメリットの反面、外出機会を無くしてしまうというデメリットもある
  • 訪問リハビリの使い方が今後重要な課題になる
介護に関する関連記事はこちら

作業療法士は語りたい!

「訪問リハがないと生活できない」ではなく、
「なにかあったらすぐに訪問リハに相談できるから安心」…という感覚が重要なんでしょうね!
これは訪問に限らず、医療、介護すべてに当てはまると言えるだろうね!
修了事例から学ぶ 主体性をひきだす訪問理学・作業療法

修了事例から学ぶ 主体性をひきだす訪問理学・作業療法

中島鈴美, 大島 豊, 藤田真樹, 長谷川 幹
3,520円(01/17 12:13時点)
発売日: 2019/11/24
Amazonの情報を掲載しています
 

関連記事

  1. 特定福祉用具とは – 支給対象・利用限度額・商品の種…
  2. 暫定ケアプラン – 認定結果前にサービスを使うための…
  3. 居宅療養管理指導とは? – 利用限度やメリット・デメ…
  4. 介護保険の利用者負担と軽減措置について – サービス…
  5. セルフケアプラン – 自分や家族がケアプランを作成す…
  6. ケアプランについて – 作成・費用請求の流れ・給付管…
  7. 排泄・トイレ介助について – 排泄支援に適切な介護保…
  8. 混合介護とは? – 現状と課題、メリットとデメリット…

ピックアップ記事

OTPRESS ch

Sponsored Link

PAGE TOP