特定福祉用具とは – 支給対象・利用限度額・商品の種類などについて

介護保険

福祉用具には介護保険における“福祉用具貸与制度”によってレンタルできるものと、レンタルできず購入する必要があるものとがあります。
そこで本記事では、この購入対象の福祉用具…特定福祉用具について解説します。

特定福祉用具とは?

特定福祉用具とは…

介護に必要な用具で利用者の肌が直接触れるもの

…を指します。
介護保険における福祉用具のうち、排泄時の用具のような衛生面などの理由で「貸与では難しい」と考えられるものが「特別福祉用具」として区別されます。

支給対象者

要介護指定をうけ、要支援1~要介護5と認定された方

利用限度額

1年間で10万円(税込)までになります(毎年4月1日から翌年3月末日まで)
また、給付分は償還払いになります。
ちなみに、限度額を超えた部分は全額自己負担になります。

特定福祉用具商品の例

では、この特定福祉用具で購入できる福祉用具はどのようなものがあるのでしょうか?
主に…

  • 腰掛便座・ポータブルトイレ
  • 自動排泄処理装置の交換可能部品
  • 入浴補助用具
  • 簡易浴槽
  • 移動用リフトの吊り具部分

…があげられます。
以下に詳しく解説します。

腰掛便座・ポータブルトイレ

和式便器の腰掛式への転換・洋式便座の高さを調整するものが対象になります。
また、ポータブルトイレも対象に含みます。
また設置費用は対象外となります。

自動排泄処理装置の交換可能部品

レシーバー、チューブ、タンクなどが対象になります。
また、利用者本人や介護者が容易に交換できるものともされています。

入浴補助用具

入浴の際の座位姿勢の維持や浴槽への出入り等を目的ととする用具が対象になります。
例としては…

  • 入浴用いす
  • 入浴台
  • 浴槽手すり
  • 浴室内すのこ
  • 浴槽内いす
  • 浴槽内すのこ

…などがあげられます。

簡易浴槽

空気式または折りたたみ式で取水・排水の工事の伴わないものが対象になります。

移動用リフトの釣り具部分

移動用のリフト本体はレンタル対象の商品ですが、吊り具部分は直接体に触れるという点で購入対象商品になります。

まとめ

本記事では、特定福祉用具について解説しました。

特定福祉用具とは…

  • 介護に必要な用具で利用者の肌が直接触れるもの
  • 要支援1~要介護5が対象
  • 1年間で10万円(税込)までが利用限度額
  • 対象商品としては、腰掛便座や自動排泄処理装置の交換可能部品、入浴補助用具、簡易浴槽移動用リフトの吊り具部分があります。
介護に関する関連記事はこちら

作業療法士は語りたい!

レンタルできる商品と購入する必要がある商品とをきちんと見極める必要がありますね。
限度額も決まっているから、必要な福祉用具の優先順位もしっかり把握しないといけないね。
タイトルとURLをコピーしました