介護

市区町村特別給付サービスとは? – 対象者や財源、上乗せサービスと横出しサービスとの違いについて

 

在宅での介護は家族だけでは非常に難しいのが事実です。
その在宅介護を支援するサービス利用を支える制度としては“介護保険”があげられますが、実は市区町村が行う支援もあるため、それらをうまく使うことも必要になります。

そこで本記事では、この市区町村が行う介護の支援について解説します。

市区町村特別給付サービスとは?

市区町村特別給付とはどのようなものになるのでしょうか?
定義としては…

市区町村の条例によって実施される独自のサービス

…となります。

在宅での介護を支える介護保険法で定められたサービスとは異なる、“もう一つの介護支援のサービス”とも言いかえられるものです。

対象者

市区町村特別給付サービスは、要介護者・要支援者に対して実施されます。

財源

市区町村特別給付サービスの財源ですが、第1号被保険者の保険料を財源としています。
*第1号被保険者=自営業者等

市町村特別給付サービスの種類について

この市町村特別給サービスの種類としては…

  • 上乗せサービス
  • 横出しサービス

…があげられます

以下にそれぞれ詳しく解説します。

上乗せサービス

“上乗せサービス”とは…

介護保険で利用するサービスが要介護度に応じた支給限度額を超える場合に、保険者(市区町村)が独自の判断で加算(上乗せ)して、サービス利用を増やすこと

…を言います。

これによって利用限度額が増えるため、サービスの利用時間や回数を増やすことができます。

横出しサービス

“横出しサービス”とは…

通常の介護保険では給付対象外となるサービスを、市区町村が独自の財源から負担して提供するサービス

…のことを言います。

横出しサービスの例

横出しサービスの例としては…

  • 通院の送迎(車による移動部分の費用を給付)
  • 配食サービス
  • 紙おむつ費用の支給
  • 寝具の丸洗いや乾燥
  • 理容、美容サービス
  • 家族向け介護教室
  • レクリエーション活動

…といったサービスがあげられます。

今後“横出しサービス”は需要が高くなる?

個人的には、今後介護保険対象外のサービスの需要は増えてくると思います。

あくまで介護保険が適用になるのは、介護生活を支援するために必要な最低限のサービスになります。
この“最低限”の基準は、今後の超高齢化社会を迎えることでさらに財源を圧迫するため、ますます厳しいものになってくると予測されます。

また、生活の多様化が進む今後、利用者のライフスタイルに合わせた細かいケアや支援は、どうしても介護保険内でのサービスでは担いきれなくなると考えられます。

そうなると必然的に、介護保険外のサービス…横出しサービスや民間によるサービスの需要が高まってくると予測しています。

まとめ

本記事では、市区町村特別給付サービスについて解説しました。

市区町村特別給付サービスとは…

  • 市区町村の条例によって実施される独自のサービス
  • 要支援、要介護者を対象としている
  • 第1号被保険者の保険料を財源としている
  • 上乗せサービスと横出しサービスがある
  • 今後、横出しサービスも含めた介護保険対象外のサービスの需要は高まってくると予測される
介護に関する関連記事はこちら

作業療法士は語りたい!

懸念されるのは、そこに生まれる“格差”だろうね!
民間によるサービスと介護保険によるサービスの中間に、
横出しサービスがあるってイメージですかね?

関連記事:介護保険では使えないサービスについて – 介護保険適応外のサービスの具体例について

入院・介護「はじめて」ガイド

入院・介護「はじめて」ガイド

1,512円(01/18 09:42時点)
発売日: 2018/08/31
Amazonの情報を掲載しています
 

関連記事

  1. 介護保険を利用できる条件と、申請手続きの流れについて R…
  2. サービス付き高齢者向け住宅とは? – 特徴・対象・利…
  3. 介護予防について – 機能訓練以外に必要なアプローチ…
  4. 介護保険のしくみ – 目的・特徴・特定疾病の種類につ…
  5. 特定福祉用具とは – 支給対象・利用限度額・商品の種…
  6. 良いケマネジャーの条件について – ケアマネの得意不…
  7. 訪問リハとは? – 定義・対象・目的・種類・メリット…
  8. 通所サービスとは? – 定義と種類、メリットや利用に…

ピックアップ記事

OTPRESS ch

Sponsored Link

PAGE TOP