介護

介護保険で使えるサービス – 介護給付サービスと予防給付サービスとの違いについて

 

介護保険制度を利用して受けられるサービスは非常に多種多様です。

そこで本記事では、どのようなときにどのようなサービスを受けられるのかを解説します。

介護保険で利用できるサービスについて

介護保険は、介護保険のしくみでも触れたように、要支援1,2、要介護1~5までの7段階の認定に分かれます。
この段階によって利用できるサービスは異なり、大きくわけると…

  • 介護給付(サービス):要介護者が対象
  • 予防給付(サービス):要支援者が対象

…になります。
以下にそれぞれ詳しく解説します。

介護給付のサービス

要介護1~5が対象である介護給付サービスの種類ですが…

  • 居宅介護サービス
  • 施設サービス
  • 地域密着型介護サービス
  • 居宅介護支援

…とにわけられます。

居宅介護サービス

居宅サービスとは…

要介護・要支援者が現在の居宅に住んだまま提供を受けることができる介護サービス

…を言います。

具体的には…

訪問サービス サービス内容
訪問介護(ホームヘルプサービス) 利用者の自宅に訪問し、買い物や掃除、食事やトイレの介助などを行う
訪問入浴介護 利用者の自宅に訪問し、移動式浴槽を用いて入浴などを行う
訪問看護 利用者の自宅に訪問して、医師の指示に基づく医療処置、医療機器の管理、褥瘡予防・処置などを行う
訪問リハビリテーション 利用者の自宅にリハビリスタッフが訪問しリハビリ指導・支援などを行う
居宅療養管理指導 居宅に訪問した医療機関の専門家に生活指導を受けることができる

関連記事:訪問サービスの種類について

通所サービス サービス内容
通所介護(デイサービス) 日帰りで自宅近くの施設に通い、入浴・排泄・食事などの介助、もしくは機能訓練などを受けることができる
通所リハビリテーション(デイケア) デイサービス同様のサービスを受けることができるが、作業療法士、理学療法士によるリハビリを利用することができる
短期入所サービス サービス内容
短期入所生活介護(ショートステイ) 一時的に施設に入所し、介護サービスを受けることができる
短期入所療養介護 リハビリテーションや医療ケアなどの医療サービスを受けられるショートステイ
その他 サービス内容
特定施設入居者生活介護 介護保険の指定を受けた介護付有料老人ホーム、養護老人ホーム、軽費老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅などが、入居している利用者に対して日常生活上の支援を行うサービス
福祉用具貸与 車いすや介護ベッドなど、保険適用の対象となる福祉用具を1割の自己負担でレンタルすることができる
特定福祉用具販売 入浴や排泄に用いる、貸与になじまない福祉用具を1割の自己負担で購入することができる

*一定上所得者の場合は2~3割の自己負担になります。

施設サービス

介護保険における施設サービスとは…

特定の施設に入所した要介護状態にある高齢者に対して提供されるサービス

…を言います。

具体的には…

施設サービス サービス内容
介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム) 中~重度の要介護高齢者が身体介護や生活支援を受けて居住する施設
介護老人保健施設 要介護高齢者にリハビリ等を提供し在宅復帰を目指す施設
介護療養型医療施設 比較的重度の要介護者に対し、充実した医療処置とリハビリを提供する施設
介護医療院 長期的な医療と介護のニーズを併せ持つ高齢者を対象とした施設
居宅介護サービスと施設サービスはそれぞれ、
都道府県・政令市・中核市が指定・監督を行うサービスになります。

地域密着型介護サービス

地域密着型介護サービスとは…

介護が必要になっても住み慣れた地域で生活が継続できるように、地域ぐるみで支援するしくみ

…であり、2006年4月の介護保険法の改正によって新設されたサービスです。

地域密着型介護サービス サービス内容
定期巡回・随時対応型訪問介護看護 定期的な巡回、随時通報により、日常生活上の緊急時の対応などを行うサービス
夜間対応型訪問介護 夜間の時間帯に提供される訪問介護サービス
地域密着型通所介護 小規模な通所介護(デイサービス)の事業所が日帰りで提供する介護サービス
認知症対応型通所介護 認知症の利用者を対象にした専門的なケアを提供するサービス
小規模多機能型居宅介護 デイサービスを中心に訪問介護やショートステイを組み合わせ、在宅での生活の支援や、機能訓練を行うサービス
認知症対応型共同生活介護(グループホーム) 認知症を持つ高齢者が9人以下の少人数で共同生活し、日常生活上の支援や機能訓練を受けられる施設
地域密着型特定施設入居者生活介護 介護保険の指定を受けた入居定員が29人以下の有料老人ホームや軽費老人ホーム
地域密着型介護老人福祉施設入居者生活介護 定員が29名以下の小規模な特別養護老人ホーム
複合型サービス(看護小規模多機能型居宅介護) 「小規模多機能型居宅介護」と「訪問看護」を組み合わせて提供するサービス

居宅介護支援

居宅介護支援(ケアマネジメント)とは…

介護を必要としている人が適切な生活支援を受けられるよう、各種介護サービスに関する手続きを代行してくれるサービス

…になります。

地域密着型介護サービス、居宅介護支援(ケアマネジメント)は、
市区町村が指定・監督を行うサービスになります。

予防給付のサービス

要支援1・2が対象となる予防給付サービスですが…

  • 介護予防サービス
  • 地域密着型介護予防サービス
  • 介護予防支援

…があげられます。
以下にそれぞれ詳しく解説します。

介護予防サービス

介護予防サービスとは、 2006年の介護保険改正で、介護給付から分離して誕生したサービスになります。
目的としては…

要介護者の発生をできる限り防ぎ、日常生活を送る上で、“自立”に向けた生活が送れるように支援すること

…とされています。

介護を必要とする方に対する支援ではなく、介護を必要としないようにするための支援…ということです。

具体的には…

訪問サービス サービス内容
介護予防訪問入浴介護 要支援者を対象とした浴槽を家庭に持ち込んで入浴の介護を行うサービス
介護予防訪問介護 要支援者を対象にホームヘルパーが利用者を訪問し身体介助や家事援助を行うサービス
介護予防訪問リハビリテーション 要支援者を対象に作業療法士、理学療法士が訪問しリハビリを行うサービス
介護予防訪問居宅療養管理指導 通院が困難な要支援者に対し居宅を訪問し療養上の管理や指導、助言を行うサービス
通所サービス サービス内容
介護予防通所リハビリテーション できる限り自宅で自立した日常生活を営むことができるよう、リハビリテーションを行うサービス
短期入所サービス サービス内容
介護予防短期入所生活介護(ショートステイ) 要支援者に対して老人短期入所施設、特別養護老人ホームなどに入所して支援を受けるサービス
介護予防短期入所療養介護 要支援者に対して介護老人保健施設、療養病床を有する医療機関(病院もしくは診療所など)、老人性認知症疾患療養病棟、介護医療院などに入所して支援を受けるサービス
その他 サービス内容
介護予防特定施設入居者生活介護 特定施設に入居している要支援を対象として行われる日常生活上・療養上の支援
介護予防福祉用具貸与 要介護状態になることをできる限り防ぐため、福祉用具を1割の自己負担でレンタルすることができる
特定介護予防福祉用具販売 要支援者を対象にした貸与になじまない福祉用具を1割の自己負担で購入することができる
介護予防サービスは、
都道府県・政令市・中核市が指定・監督を行うサービスになります。

地域密着型介護予防サービス

地域密着型介護予防サービスとは…

地域の特性に応じた柔軟な体制で提供されるサービス

…とさてれています。
また、「できる限り住み慣れた地域を離れないでも支援を受けれるように」…という目的もあります。

具体的には…

地域密着型介護予防サービス サービス内容
介護予防認知症対応型通所介護 要支援かつ軽度の認知症の方に対して老人デイサービスなどで受けれる支援やサービス
介護予防小規模多機能型居宅介護 要支援者の選択に応じて、施設への「通い」を中心に短期間の「宿泊」や利用者の自宅への「訪問」を組合せることで、家庭的な環境と地域住民との交流の下で支援や機能訓練を行うサービス
介護予防認知症対応型共同生活介護(グループホーム) 少人数の認知症である要支援者が家庭的な雰囲気の中で、共同生活を送り支援を受けるサービス

介護予防支援

介護予防支援とは地域包括支援センターで行われる…

要支援1or2の認定を受けた方が、自宅で介護予防サービスを適切に利用できるよう、ケアプランの作成、事業所との連絡・調整等を受けるサービス

…とされています。

地域密着型介護予防サービス、介護予防支援は、
市区町村が指定・監督を行うサービスになります。

その他

要介護、要支援に限らず受けられるその他のサービスの具体例としては次の通りになります。

その他 サービス内容
居宅介護(介護予防)は住宅改修費の支給 要介護認定・要支援認定を受けた方が、対象となる介護保険住宅改修をされた場合に、9割~7割の費用を支給されるサービス

まとめ

本記事では介護保険で利用できるサービスについて解説しました。

介護保険で利用できるサービスは…

  • 要介護者が対象の介護給付サービス、要支援者が対象の予防給付サービスがある
  • 介護給付のサービスには、居宅介護サービス・施設サービス・地域密着型介護サービス・居宅介護支援がある
  • 予防給付のサービスには、介護予防サービス・地域密着型介護予防サービス・介護予防支援がある

Q&A

    

地域密着型サービスの“地域密着”の基準と対象は?
地域密着型サービスは、原則としてその市区町村に在住している人のが対象になります。
 

ピックアップ記事

Sponsored Link

PAGE TOP