介護

入浴介護について – ホームヘルパーによる介助や訪問入浴、デイサービスなどの利用のメリット・デメリット

 

健康な時は当たり前のようにできていた“入浴”という日常生活動作。
病気や障害を抱えると、その当たり前を行うことが難しくなることに加え、水場である浴室は事故にもつながる危険性が高い場所とも言えます。

そこで本記事では入浴介護について考えてみます。

介護保険における“入浴”の課題解決手段について

端的に言って、入浴動作困難の場合の解決策としては…

  • 家族による入浴介助
  • ホームヘルパーによる入浴介助
  • 訪問入浴介護の利用
  • デイサービスやデイケアでの入浴

…などがあげられます。
以下に詳しく解説します。

家族による入浴介助

まず家族の介助によって入浴が可能かどうかを検討します。
利用者本人の能力次第では、見守りや軽介助で可能な場合もあります。
また、家族が介助しやすいような環境設定や福祉用具の選定なども介護用品の業者やケアマネジャー、作業療法士と相談の上、選定する必要があります。

ホームヘルパーによる入浴介助

ホームヘルパーによる介助によって入浴をされる介護保険利用者も大勢いるようです。
利用者自身や家族もプロに頼むわけですから比較的安心して入浴することができる場合があります。

しかし、介護度によっては利用日数が弦敵的であること、入浴する時間帯が決まってしまっていることなどから融通の利きにくさがあります。
身体介護でホームヘルパーを利用する場合、できるだけ安全かつスムーズに入浴することができるようになれば、残りの時間をその他の介護に回すことができます。
そのため、家族による入浴介助同様、福祉用具業者やケアマネ、作業療法士と環境整備や福祉用具の選定、介護方法の検討などが必要になります。

訪問入浴介護の利用

自宅の浴槽が狭くて入浴が困難なときや、家族やホームヘルパーのみでは入浴介助が困難な場合は、“訪問入浴介護”という選択肢もあります。
複数の入浴介助専門のスタッフが訪問するため、利用者本人も家族も安心して入浴できるというメリットがあります。

デイサービスやデイケアでの入浴

マンパワー不足や自宅浴室の環境によって自宅での入浴が困難な場合は、デイサービスやデイケアでの入浴を利用する必要があります。
施設によっては機械浴の設備も整っているため、介護者も本人自身も負担なく入浴することができるケースがあります。

しかし、利用日数が限られていることなどから「毎日お風呂に入りたい」という希望の利用者には多少プランを工夫する必要があるかもしれません。

入浴は身体的な介護負担が大きい

入浴の介助は、浴室という環境であることから非常に事故が起こりやすい場での介助になります。
そのため家族も本人も入浴することに不安感を覚えるケースも多くあるようです。

どうしても身体的な介護負担が大きい入浴介護に対して、作業療法士は…

  • より安全な入浴方法
  • より負担の少ない介護方法
  • 福祉用具や浴室環境整備
  • 利用者本人の入浴動作能力の向上

…といった項目を検討してリハビリを行う必要があると言えます。

まとめ

本記事では、入浴介護にフォーカスをあてて解説しました。

入浴介護は…

  • 介護者の身体的な負担が大きい
  • 浴室という環境から、事故にもつながりやすい
  • 解決策としては、家族やホームヘルパー、訪問入浴の利用があげられる
  • 自宅での入浴が困難な場合は、デイサービスなどを利用することも必要
介護に関する関連記事はこちら

作業療法士は語りたい!

平成26年の家庭の浴槽での溺死者数は4,866人で、
その9割は65歳以上の高齢者という統計がありますね。
「お風呂に入る」ということがもっとも日常生活内の事故につながりやすいADLだということを、
本人、家族だけでなく、支援するスタッフも意識しておく必要があるだろうね!
アロン化成 安寿 高さ調節付浴槽手すりUST-130 レッド

アロン化成 安寿 高さ調節付浴槽手すりUST-130 レッド

10,882円(01/18 09:44時点)
Amazonの情報を掲載しています
 

関連記事

  1. 特定福祉用具とは – 支給対象・利用限度額・商品の種…
  2. 住宅型有料老人ホームとは? – 特徴・対象・サービス・種類・利…
  3. 訪問介護(ホームヘルプ)とは? – 種類やサービス内…
  4. 住宅改修とは? – 対象や支払い方法、上限、手続き方…
  5. デイサービスとは? – 定義・対象・目的と個別機能訓…
  6. サービス付き高齢者向け住宅とは? – 特徴・対象・利…
  7. ショートステイとは? – 対象・併設型、単独型それぞ…
  8. 居宅療養管理指導とは? – 利用限度やメリット・デメ…

ピックアップ記事

OTPRESS ch

Sponsored Link

PAGE TOP