Rehabilitation

研究や症例報告をスムーズに!脳卒中重症度スケール(JSS)について!

 

脳卒中の重症度をきちんと数値化することができるスケールである“脳卒中重症度スケール(Japan Stroke Scale:JSS)”ですが、この評価スケールを知っておくと非常に便利なんです。
というのも、重症度を程度ではなく数字化して判断できることは「統計的な処理にも使える」ということになるので、脳卒中に関する研究や症例発表をまとめる際にも非常に有益な方法になるんです。
そこで今回はこのJSSの評価項目や使用方法についてまとめてみました!

脳卒中重症度スケール(JSS)とは?

日本脳卒中学会が1997年に発表したスケールで、脳卒中患者の経過観察や治療効果判定の上で脳卒中の重症度を客観的、かつ定量的に評価する目的でつくられました。

JSSの評価項目について

このJSSにおける評価項目は…

①意識
②言語
③無視
④視野欠損または半盲
⑤眼球運動障害
⑥瞳孔異常
⑦顔面麻痺
⑧足底反射
⑨感覚系
⑩運動系(手,腕,下肢)

…になります。

脳卒中重症度スケール(JSS)の使用方法

このJSSの使用方法についてですが、

1.各項目の該当カテゴリーを選択する.
2.各項目ごと、A, B, Cのいずれかを選択肢、評価用紙右側にある該当の枠にチェックを入れる.
3.チェックの入った枠の右側に示されているスコアを合計する.
4.最後にCONSTANTの値である“-14.71”を加え、重症度スコアを算出する。

脳卒中重症度スケール(JSS)による重症度について

上記のJSSの使用方法によってクライアントの重症度スコアを算出すると、

最軽症:-0.38
最重症:26.95
となります。

脳卒中重症度スケール(JSS)の評価用紙はこちらから。

脳卒中重症度スケール(JSS)の注意点

JSSの“意識”の評価項目において、原則として“Glasgow Coma Scale”を使用しますが、やむを得ない場合は、“Japan Coma Scale”で代用しても問題ないようです。

脳卒中重症度スケール(JSS)のエビデンスグレードについて

日本理学療法士協会が発表している『推奨グレードの決定およびエビデンスレベルの分類』によれば、JSSは推奨グレードAであり、信頼性、妥当性のあるものとして決定されています。

脳卒中重症度スケール(JSS)は統計学的処理にもぴったり!

脳卒中重症度スケール(JSS)は,脳卒中の重症度を定量的に評価することが可能であり、算出されたスコアは“軽度”や“重度”といった“程度”ではなく、はっきりとした数値として扱えることができます。
その結果、平均値や標準偏差を求めて比較検討することができますし、
ため,平均値や標準偏差を求めて比較することや,パラメトリックな手法によって統計処理をすることが可能になります。

まとめ

その症状や障害の程度をしっかりと定量化して判断するということは、エビデンスを求めるためには非常に必要なことになります。
今回の脳卒中重症度スケール(JSS)も細かい評価項目によって症状を基準化し、スコア算出をすることで“軽度・中等度・重度”といった“障害の程度”ではなくしっかりと数字として表すことができます。
その結果統計的処理にも汎用することができ、非常に比較検討や平均値を算出することができるので、JSSは脳卒中の研究をする際には便利なスケールであると考えられますね!

作業療法士は語りたい!

多様性に富むものをきちんと数値化する…という試みは、作業療法のエビデンスを追求するためにも必要なプロセスなんでしょうね。
どうしても作業療法はナラティブ寄りなイメージになるけど、
それはしっかりとしたエビデンスを前提とした上で…って意味で解釈しないといけないと思うんだよね。
特に評価においては、きちんと数値化する…って意識は必要でしょうね!
だからこそ、僕は作業療法こそ『医工連携』の必要性を訴えているんだけどね!
脳卒中重症度スケール(JSS)の評価用紙はこちらから。

sponsored Link
 

ピックアップ記事

Sponsored Link

PAGE TOP