Rehabilitation

Jobe’s test(Empty can test) – 棘上筋テストの評価として

 

棘上筋の筋力低下やインピンジメントの徒手的評価に“Jobe’s test”があげられます。

本記事ではJobe’s testの目的、検査方法、診断学的有用性について解説します。

想定読者としては…

  • 作業療法士(整形領域)
  • 理学療法士
  • 柔道整復師

…としています。

Jobe’s testの目的について

Jobe’s testとは…

  • 棘上筋の筋力低下
  • インピンジメント

…の検査を目的としています。

Jobe’s testの検査方法

Jobe’s testの検査方法ですが、次のようになります。

  1. 立位になり検査肢位をとる
  2. 上肢の遠位部に下方への力を加え、抵抗する
  3. 上肢の反応によって診断する

以下に詳しく解説します。

1.立位になり検査肢位をとる

被験者は立位姿勢になります。
そのままJobe’s testの検査肢位である

  • 肩関節肩甲骨面上90度拳上位・30度水平内転位・最大内旋位
  • 肘関節伸展位
  • 前腕最大回内位(母指を下に向ける)

…にします。

2.上肢の遠位部に下方への力を加え、抵抗する

検者は正面に立ち上肢の遠位部に下方への力を加えます。
被験者それに抵抗します。
その際、両側同時に力を加えますが、これは左右差を評価するためになります。

3.上肢の反応によって診断する


下方への力に対して…

  • 「ガクッ」と力が抜ける場合:回旋筋腱板(特に棘上筋の全層)損傷
  • ゆっくりと下に落ちてくる場合:棘上筋の部分損傷

…の可能性があります。

また、肩関節前外側面に痛みを訴える場合はインピンジメントの可能性があります。

Jobe’s testの診断学的有用性

著者 信頼性 感度 特異度 陽性尤度比 陰性尤度比
Villafance JH,et al(2015) NR 76 90 9.5 0.26
Micheroli R,et al(2015) Kappa=0.36 81 55 1.80 0.35
Lasbleiz S,et al(2014) 棘上筋腱炎・痛み NR 100 12.1 1.14 0
棘上筋腱炎・筋力低下 NR 33.3 33.3 0.5 2
棘上筋全層損傷・痛み NR 90.5 11.1 1.02 0.86
棘上筋全層損傷・筋力低下 NR 80.9 61.1 2.08 0.31
Yuen CK,et al(2012) 棘上筋腱損傷 NR 43 71 1.5 0.8
回旋筋腱板全層損傷 NR 39 74 1.51 0.82
Alqunaee M,et al(2012) 筋力低下 NR 69 62 1.81 0.5
Ostor AJ,et al(2004) Kappa=0.44-0.49 NR NR NA NA

*NR:報告なし NA:該当なし

まとめ

本記事では、徒手的評価法であるJobe’s testについて解説しました。

Jobe’s testとは…

  • 棘上筋の筋力低下の評価
  • インピンジメントの評価
  • 「ガクッ」と力が抜ける場合は、回旋筋腱板(特に棘上筋の全層)損傷の可能性がある
  • ゆっくりと下に落ちてくる場合は、棘上筋の部分損傷の可能性がある
  • 肩関節前外側面に痛みを訴える場合は、インピンジメントの可能性がある

作業療法士は語りたい!

抵抗を加えた後の被験者の反応によって、どこの部位に問題があるのか?を評価できる点で非常に便利な検査ですね!
整形領域の場合、問題を筋や部位のレベルまで掘り下げていくことで、明確な解決策がでてくるからね!
運動機能障害の「なぜ?」がわかる評価戦略: 運動機能障害の「なぜ?」がわかる評価戦略

運動機能障害の「なぜ?」がわかる評価戦略: 運動機能障害の「なぜ?」がわかる評価戦略

工藤 慎太郎
5,720円(11/19 09:32時点)
発売日: 2017/05/10
Amazonの情報を掲載しています
sponsored Link
 

ピックアップ記事

Sponsored Link

PAGE TOP