内部リンクを効果的にするための6つのポイント【ユーザーファーストがポイント!】

Blog運営

自分のブログを人気にしたい。
Google検索の上位に表示されるようにしたい。

ブロガーならだれでもそう思うことです。

今回は今すぐ実行し、自分でコントロールできるSEO対策でもある“内部リンク”について解説します。

内部リンクとは

まず、なんとなくその言葉から意味はわかりそうですが…内部リンクとは…

ブログ内ページ同士をつなぐリンク

…の一言に尽きます。

ちなみにこの反対のものが“外部リンク”になります。
言葉のままですが、敢えての定義としてはこんな感じです。

内部リンク対策をすることでのメリット

では、どうしてブログを運営するにあたり、内部リンクをしっかりと対策する必要があるのか?ということについて解説します。
端的に言って、内部リンク対策をすることで次の2つのメリットが得られるからです。

  • ユーザーが使いやすいブログになる
  • クローラービリティが高まり、インデックスされやすくなる

以下にそれぞれ解説します。

ユーザーが使いやすいブログになる

Googleは今風で言えば、“ユーザーファースト”のウェブサイトやブログを良質なコンテンツとして評価しています。
つまり、そのブログに訪問したユーザーが使いやすいかどうかを重要視していることと言えます。

例えば、そのブログの記事を読んでいる人が…

「あれ?この用語ってどんな意味だっけ?」
「この記事に関連する他の記事はないのかな?」

…というちょっとした“疑問”や“要望”に対しての答えをきちんと準備して提供してあげる…というイメージですね。

自分のブログを読んでもらっているユーザーの、新たな疑問や要望に対して…

  • 再度検索キーワードを入力する
  • 他のウェブサイトで調べさせる

…という“手間”をかけさせずに解決させてあげる…ということとも言えます。

クローラービリティが高まり、インデックスされやすくなる

“クローラービリティ”ってGoogle botなどのクローラーによる“そのブログ内への巡回のしやすさ”を指します。

Googleによる検索で上位にページが表示されるためには、なによりも良質なコンテンツとして評価されないといけません。
そのためにはいかにGoogleのクローラーに巡回してもらいやすくするか?という視点が必要になります。

内部リンクを適切に調整するということは、このクローラーにも効率よく巡回してもらうことにつながります。
そうすると、Googleにきちんとインデックスされやすくなり、結果として検索上位表示が見込める…ということになります。

Googleのクローラーにとっても、巡回する手間をできるだけかけさせないようにしてあげる配慮をする…という視点が重要と言えます。

とはいっても、闇雲に内部リンクをすればよいわけではない

内部リンクを調整することは、ユーザーにとっては使いやすく、クローラーにとっては巡回しやすいブログになるということはわかりました!

でも、ここで陥りやすいミスとしては、

なんでもかんでも内部リンクでつなげてしまう

…ということです。

どうやらこの闇雲に内部リンクを貼るということは、SEO対策としても愚策の一つになるようです…(泣)

内部リンクを最適化するための6つのポイント

では、どのようにすればより内部リンクを最適化することができるのか?
そのポイントについて解説します。

ここでは…

  • 関連性の高い高品質なページへリンクする
  • アンカーテキストをわかりやすくする
  • 共通ナビゲーションから重要なページへリンクする
  • HTMLサイトマップを設定する
  • パンくずリストを活用する
  • ブログの専門性を高める

…の5つについて深めていきます。

関連性の高い高品質なページへリンクする

効果的な内部リンクの前提条件とも言えますが、内部リンクするのは

関連性が高く、かつ高品質のページ

…になります。

逆に言えば、関連性が低く、質が低いページへ内部リンクしても、SEO効果が上がるどころかむしろ下げてしまう可能性があります。
ユーザーにもクローラーにも「わざわざ関係ない低品質のページへ誘導した」という“手間”を取らせてしまう…というイメージですね!

ちなみにどんなのが“高品質”になるか?ということについてですが…

ユーザーが、そのリンクを辿った先を読むことでより満足ができる

…というイメージかと解釈しています。

その記事を読んでいて…

「もっとそのことについて詳しく知りたい」

…という要望に応えてあげるページを内部リンクという方法で“おすすめする“ということになります。

アンカーテキストをわかりやすくする

効果的な内部リンク調整のテクニックとも言えるもののひとつとしては、アンカーテキストをわかりやすくすることがあげられます。
つまり、アンカーテキストにリンク先の内容のキーワードをきちんと含めることと言えます。

内部リンクを設定するときよくあるのが…

  • 〇〇に関連する記事としてはこちら
  • 詳細はこちら

…というような表記をしているものがあります。

たしかにその内部リンクのアンカーテキストの前後の文脈から、“こちら”の先にどんな記事があるのかは意味としては伝わります。
でも、ユーザーに対して読みやすくするために親切に配慮しているか?と言えば少し疑問かもしれませんね。

中には一行ずつきちんと読まずに、上からかっとばしてスクロールして読んでいるユーザーもいるかもしれませんし…。

もちろんユーザーだけでなく、クローラーにとっても“詳細はこちら”表現は不親切とも言えます。
クローラーはあくまでプログラムですから…「その内部リンク先には“詳細はこちら”というキーワードについて書かれている」と認識してしまう恐れもあります。

アンカーテキストの文言もリンク先のページタイトル名と全く同じ内容にするといった整合性をとることで、よりユーザーとクローラーにとっても使いやすいアンカーテキストの表示にする必要があります。

共通ナビゲーションから重要なページへリンクする

共通ナビゲーションとは、ブログのトップページでも記事ページでも、どのページにおいても表示されるナビゲーション(メニュー)です。

一般的には…

  • グローバルメニュー
  • フッターメニュー
  • サイドカラムメニュー

…などがあります。

これらのメニューからブログ内の重要なページへリンクするように設定することも、効果的な内部リンクになります。
ちなみに、ここでの重要なページとは、記事の一覧ページといった内部リンクが充実しているページになります!

HTMLサイトマップを設定する

ブログ内のすべてのページを網羅して表示してくれる機能を担うサイトマップ。
このサイトマップには主にクロールに向けたXMLサイトマップと、ブログを閲覧するユーザーに向けたHTMLサイトマップがあります。

XMLサイトマップはあくまでクローラー向けのSEO対策の要素がつよいサイトマップですが、HTMLサイトマップはユーザーが自分のブログを使いやすくするための“案内板”のようなものです。

ブログに訪れたユーザーにとって…

  • 他の記事を見つけやすくする
  • 目的の記事に辿りやすくする
  • 迷ってしまった時に参考にできる

…こういった機能を担います。

HTMLサイトマップの設定はそういった意味でも内部リンク調整の一つになります。

パンくずリストを設置する

パンくずリストとは、ブログの階層構造を示し、ユーザが今どこにいるかを視覚的にわかりやすくした誘導表をいいます。
つまり、ユーザーとクローラー両方に向けた、ブログの構造をわかりやすく把握できるようにするためのナビゲーションリンクになります。

このパンくずリストも効果的な内部リンク対策としては有効になりますので、きちんと設置しておく必要があります。

ブログの専門性を高める

ブロガーにとって長きにわたる争いの一つでもある

特化型ブログvs雑記ブログ

…にもつながることですが、効果的な内部リンク対策を軸に考えるなら、特化型ブログのようにブログの専門性を高めていくことが効果的といえます。

何度も繰り返しますが、内部リンクは関連性が高く、高品質なページへのリンクが前提条件です。

そのため、1つのテーマに絞ってそのテーマに関連する内容、そのテーマを深めていく内容の記事を増やしていくプロセスは、結果としてブログ自体の専門性が高くなることになります。
これはそのブログに答えを求めてきたユーザーにとっても、使いやすいブログとなるので、ユーザビリティの向上という視点でも効果的な策になります。

Google Search Consoleでの内部リンクの確認方法

Google Search Consoleで内部リンクを確認することで、効率よくユーザービリティの向上とSEO対策として考えることができます。

まとめ

内部リンクは外部リンクと違い、運営者であるブロガー自身で対策ができるSEO施策と言えます。
また、効果的な内部リンクを調整することはユーザーが使いやすく、クローラーは巡回しやすくなります。

これは、質の高いブログに育てていくためにも必要なプロセスですので、記事の量産だけでなく内部リンクを意識して専門性を高めていくことも必要と言えますね!

ブログを現実にあるお店としてイメージすると、
内部リンクはお客さんにおすすめする商品ってことになると思うんだ。
アクセサリーを探しているお客さんに、「これもおすすめですよ」といって関係のない商品をおすすめはしませんものね。
もちろん質が悪い商品もおすすめはしないものね。
内部リンクという“おすすめ”をした後に、ユーザーが
「そうそう、それが欲しかった(読みたかった)の!」
…という感動体験をしてもらうようなイメージで内部リンク設定が必要でしょうね!
タイトルとURLをコピーしました