Muscle

腰腸肋筋(ようちょうろくきん)

 
            腰腸肋筋は脊柱起立筋の側柱に位置する背部の筋肉です。

今回はこの腰腸肋筋の起始、停止や支配神経、基本的な働きについて解説します!

腰腸肋筋の起始・停止

腰腸肋筋の起始、停止についてですが

起始:腸骨稜および脊柱起立筋総腱の外側部
停止:6or7本の下位肋骨角の下縁

…となります。
以下に詳しく解説します。

腰腸肋筋の起始について

腰腸肋筋の起始部は、最長筋の外側かつ浅層にあってこれと癒着し、表層は強い共同の腱膜をつくります。
腸骨稜および仙骨構面から起こって上方に向かいますが、この深層に第12~第3肋骨角上縁から起こる筋束が内側から加わります。

腰腸肋筋の停止について

腰腸肋筋の筋膜の外側から順次停止腱を出して、全肋骨角(起始のすぐ外側)および第7~第4頸椎の横突起の後結節に停止します。

腰腸肋筋の神経支配

・脊髄神経後枝の外側枝
・腸肋筋はC8~L1

腰腸肋筋への血液供給動脈について

・後肋間動脈
・肋下動脈
・腰動脈

腰腸肋筋の主な働き

腰腸肋筋は主に、

・脊柱の伸展と側屈
・脊柱の回旋の補助
・肋骨の下制
…の作用に働きます。

腰腸肋筋をラテン語で何て言う?

M.iliocostalis lumborum
sponsored Link
 

ピックアップ記事

Sponsored Link

PAGE TOP