Rehabilitation

Hyperabduction test- 胸郭出口症候群の徒手検査について

 

胸郭出口症候群に対する検査のひとつとして“Hyperabduction test(ハイパーアブダクション テスト)”があげられます。

本記事では、このHyperabduction testの目的や方法、診断学的有用性について解説します。

想定読者としては…

  • 作業療法士(整形領域)
  • 理学療法士
  • 柔道整復師

…になっています。

Hyperabduction testとは?

Hyperabduction testとは、

胸郭出口症候群の評価

…を目的とした徒手検査法になります。

Hyperabduction testの検査方法

ここではHyperabduction testの検査方法について解説します。

検査の流れとしては次の通りになります。

  1. 背中を伸ばしたまま座位姿勢になる
  2. 橈骨動脈の拍動を確認する
  3. 頚部を中間位に保持したまま、肩関節90度以上外転、外旋させる
  4. この肢位を1分間続ける
  5. 橈骨動脈の拍動、手のしびれの有無を確認する
  6. 橈骨動脈の拍動の減弱or消失、神経症状の訴えがある場合は陽性とする

以下に詳しく解説します。

1.背中を伸ばしたまま座位姿勢になる

被験者は背をまっすぐ伸ばしたまま座位姿勢をとります。

2.橈骨動脈の拍動を確認する

検者はこの肢位で、被験者の橈骨動脈の拍動を確認します。

3.頚部を中間位に保持したまま、肩関節90度以上外転、外旋させる

被験者は頸部を中間位に保持したまま、検者は…

  • 肩関節90度以上外転
  • 肩関節60度外旋

…させます。

4.この肢位を1分間続ける

3.の肢位を1分間保持します。

5.橈骨動脈の拍動、手のしびれの有無を確認する

橈骨動脈の拍動と手のしびれなどの神経症状の有無を確認します。

6.橈骨動脈の拍動の減弱or消失、神経症状の訴えがある場合は陽性とする

橈骨動脈の拍動の減弱や消失、または神経症状を訴えた場合、陽性とします。

Hyperabduction testの診断学的有用性

Hyperabduction testにおける診断学的有用性については次の通りになります。

著者 信頼性 感度 特異度 陽性尤度比 陰性尤度比
Gillard J,et al(2001) 脈拍消失 NR 52 90 5.2 0.53
症状再現 NR 84 40 1.4 0.4
Rayan GM,et al(1995) 脈拍減少または消失 NR NR 43 NA NA
神経症状 NR NR 83.5 NA NA

NR:報告なし NA:該当なし

まとめ

本記事では、Hyperabduction testについて解説しました。

Hyperabduction testは…

  • 胸郭出口症候群に対する徒手検査として用いられる
  • 検査肢位を1分間保持し、その間橈骨動脈の拍動の減弱や消失、神経症状を訴えた場合、陽性とする

作業療法士は語りたい!

腕をあげる動作でしびれが出現する胸郭出口症候群は、ADLに大きな支障をきたすからね。
生活障害を対象にする作業療法士にとってはきちんと評価すべき疾患といえますね!
 

ピックアップ記事

Sponsored Link

PAGE TOP