Rehabilitation

HDS-Rのカットオフ値、注意点や解釈などについてまとめてみました!

 

HDS-Rは認知症のスクリーニング検査として非常に有名ですし幅広く利用されている検査といえます。
ただその方法は曖昧のままであったり、解釈やカットオフ値がいくつかよくわかっていない…なんてこと、ありませんか?
今回はHDS-Rの検査方法から実施の際の注意点、カットオフや解釈、捉え方についてもまとめてみました!

HDS-R(長谷川式簡易知能評価スケール)とは?

HDS-Rは1974年に聖マリアンナ医科大学の精神科医である“長谷川和夫”氏によって作成された認知症のスクリーニング検査です。
“長谷川式簡易知能評価スケール”は,主に一般高齢者から認知症高齢者をスクリーニングする方法として幅広く臨床の領域で使用されてきていました。

ちなみに俳優の“渡辺謙”主演のヒット映画『明日の記憶』でもHDS-Rを使うシーンがあるんだよ!
おお!名作!!

HDS-Rの“英語”での正式名称について

HDS-Rは“Hasegawa Dementia Scale-Revised”の略称になります。

HDS-Rの“日本語”での正式名称について

HDS-Rの日本語での名称についてですが、1991 年に一部改訂があったため“改訂長谷川式簡易知能評価スケール”として今に至ります。

HDS-Rの改定の理由は?

1974年に作られた検査ですが、1991年に加藤らによって改訂されました。
この改定の経緯としては、「初版の内容が時代にそぐわなくなったため」…とあります。
もしかして今後も改めて改定されるのかも…しれませんね!

次ページ:HDS-Rを使用する目的について

sponsored Link
ページ:

1

2 3 4 5
 

ピックアップ記事

Sponsored Link

PAGE TOP