Rehabilitation

Hawkins-kennedy test- 肩峰下インピンジメントの評価について

 

肩関節の障害でもある肩峰下インピンジメント。
この徒手的な検査、評価方法のひとつとして“Hawkins-Kennedy test(ホフキンズケネディーインピンジメントテスト)”があります。

本記事では、Hawkins-Kennedy testの目的や方法、診断学的有用性について解説します。

想定読者としては…

  • 作業療法士(整形領域)
  • 理学療法士
  • 柔道整復師

…としています。

Hawkins-Kennedy testの目的について

Hawkins-Kennedy testとは…

肩峰下インピンジメントの徒手的検査

…を目的としています。

Hawkins-Kennedy testの検査方法

ここではHawkins-Kennedy testの検査方法について解説します。

大まかな検査の流れとしては次のとおりになります。

  1. 立位姿勢で検査肢位にする
  2. 肩関節を内旋させる
  3. 肩関節前外側面に痛みを訴えれば陽性とする

以下に詳しく解説します。

1.立位姿勢で検査肢位にする

被験者は立位で肩関節90度屈曲位、肘関節90度屈曲位にします

2.肩関節を内旋させる

検者は手関節を把持し肘を支え、手関節を下方へ押し下げ、肩関節を最終域まで内旋させます。

3.肩関節前外側面に痛みを訴えれば陽性とする

肩関節内旋角度の増加に伴い、肩関節前外側面に痛みを訴えれば陽性とします。

Hawkins-Kennedy testの診断学的有用性

著者 信頼性 感度 特異度 陽性尤度比 陰性尤度比
Michener LA,et al(2009) kappa=0.39 63 62 1.63 0.61
Park HB,et al(2005) NR 71.5 66.3 2.12 3.27
滑液包炎 NR 75.7 44.5 1.36 0.54
回旋筋腱板部分損傷 NR 75.4 44.4 1.36 0.53
回旋筋腱板全層損傷 NR 68.7 48.3 1.33 0.88
Ostor AJ,et al(2004) kappa=0.18-0.43 NR NR NA NA
Calis M,et al(2000) NR 92.1 25 1.23 0.32
MacDonald PB,et al(2000) 滑液包炎 NR 91.7 44.3 1.65 0.19
回旋筋腱板損傷 NR 87.5 42.6 1.52 0.29
滑液法炎または回旋筋腱板損傷 NR 88.9 60 2.22 0.19

まとめ

本記事では、Hawkins-Kennedy testの目的や検査方法について解説しました。

Hawkins-Kennedy testとは…

  • 肩峰下インピンジメントの徒手的検査

作業療法士は語りたい!

肩峰下インピンジメントって、そもそも肩関節で骨に腱板と滑液包が衝突する症状をいうんですね!
“エクスターナルインピンジメント”とも言われている肩の障害のひとつだね。
sponsored Link
 

ピックアップ記事

Sponsored Link

PAGE TOP