Rehabilitation

整容動作へのリハビリテーション(作業療法) – 種類・目的・意味・障害や問題点について

 

ADLの中でも、整容動作って意外と細かく関われてない印象を受けます。
でもその目的や意味を考えると、社会生活を送る上で非常に必要な活動と言うことが分かります。
今回はこの整容動作へのリハビリテーションでも、特に作業療法での支援における目的や意味、整容動作障害によって起こり得る問題点についてまとめました!

整容動作とは?


もともと“整容”とは、

姿・かたちを整えること

…と意味します。
類義語としては、身だしなみ、身支度…なんて言葉で表されます。

整容動作と“グルーミング”

リハビリテーション(作業療法)における“整容”ですが、これはADL動作の一つとして扱われ、英語では“Grooming”と表記されます。
しかしこの“Glooming(グルーミング)”は一般的には“毛繕い(けづくろい)”の意味として知られおり、動物が体の衛生や機能維持などを目的として行う行動を指しています。
動物行動学上、グルーミングは非常に社会的役割を持つ行動とされます。

整容動作の種類について

リハビリテーションにおける“整容動作”ですが、いくつかの種類の活動の総称として使用されています。
この整容動作の種類についてですが、

・歯磨き
・洗顔
・手洗い
・爪切り
・髭剃り
・整髪
・化粧

…などがあげられます。

整容動作の目的について

では、リハビリテーションにおいて整容動作を行う目的とはどのようなものになるのでしょうか?
主なものとしては大きく、

①衛生管理として
②社会生活における他者への配慮として

…の2つに分けることができます。

①衛生管理として(生理的欲求)

歯を磨く、顔や手を洗う、髭を剃ったり、爪を切る…という“整容動作”は、衛生管理としての機能を担います。
口腔内が不衛生状態ですと、感染症や肺炎といった疾患のリスクが高くなることが分かっていますし、
顔や手を洗うというのも、汗や皮脂を洗い流し皮膚の健康状態を保つことになります。
また、髭を伸ばしっぱなしにしていると雑菌の増殖につながり衛生上の問題になる恐れがあります。
爪が伸びっぱなしだと、爪が割れる、肌を傷つける…といったリスクにもなります。
こうしたことから、整容動作を行う目的として、自分の健康を守るという意味での衛生管理があげられます。
マズローの五段階欲求でいうと“生理的欲求”に位置するでしょうね!

②社会生活における他者への配慮として(社会的欲求)

整容…つまり身だしなみとは、社会生活を送る上での他者に不快感を与えないようにするための配慮、という機能も担います。
口臭や体臭といった匂い、髪はフケだらけ、汗をかきっぱなしで顔もベタベタ…なんて状態は、非常に不衛生であることから相手を不快感にさせてしまいます。
円滑な人間関係を築いていくためにも整容動作は生活上必要不可欠と言えます。
マズローの五段階欲求でいうと“社会的欲求”に当てはまるかと思います。

整髪、化粧はより高次の整容動作?

“歯磨き”、“洗顔”、“手洗い”、“爪切り”、“髭剃り”は整容動作としても上述した2つの目的が主になる動作ですが、
“整髪”、“化粧”には場合によっては“おしゃれをする”、“よりきれいに(かっこよく)見られたい”…というマズローの五段階欲求としては上位の欲求…“承認欲求”や“自己実現の欲求”としての機能も担う場合があります。

作業療法士が整容動作へ介入することって?


つまり、作業療法士がクライアントの整容動作に関わることは、

・クライアントの身体的、精神的な健康生活の維持のため
・他者からの拒絶や社会的孤立の予防
・社会生活上の行動範囲を拡大しQOL向上の促進
…といった要素を支援することにつながります。

これらの要素は、更衣動作へのリハビリテーションでも同じことが言えます。

整容動作支援における注意点

リハビリテーションにおける作業療法士として、クライアントの整容動作に関わる際、これらの目的や支援対象の要素を考えると、整容動作そのものの動作遂行だけでなく、その完成度までしっかりと評価する必要があります。
また、“整髪”や“化粧”の部分に関わる際は、“ただできるorできないの最低限のレベル”で考えるのではなく、クライアント自身がどのレベルまでを求めているのか?を明確にした上でその支援につなげていく必要があります。

整容動作障害がもたらす問題点

クライアント自身が何かしらの疾患や症状によってこの整容動作障害を呈した場合、起こりえる問題としては、

①二次的な疾病の発症による健康生活の維持困難
②家族や介護者、支援者からの嫌悪による孤立
③自己評価の低下
④社会参加機会の喪失

…などが想定できます。

①二次的な疾病の発症による健康生活の維持困難

前述したように、衛生管理が不十分になることからの感染症、肺炎、皮膚の健康状態悪化などが起こり、健康生活を維持するのが困難になる可能性が高まります。
実際に医療、介護の現場では肺炎予防のため歯科衛生士が口腔内のケアに介入する機会も増えていることから、健康生活と口腔内衛生の維持は相関性が高いことが分かります。

②家族や介護者、支援者からの嫌悪による孤立

整容動作障害による不衛生な状態が続くと、匂いなどによって非常に相手に不快感を与えてしまいます。
一時的なものならまだしも、この状態が継続して続いていると、家族や介護者から嫌悪の感情を抱かれ、結果として孤立に繋がってしまいます。

③自己評価低下

入院しているクライアントを洗面台の鏡の前に連れていくと、髪がボサボサの状態に対してがっかりしたような表情や発言を聞かれることが多くあります。
身体的な障害でも、精神的な障害でも、身だしなみを整えられないという状態は非常に自己評価の低下につながり、意欲の低下にもつながっていきます。

④社会参加機会の喪失

身だしなみが整っていないから社会生活が送れないのか、社会生活が送れないから結果として身だしなみが整わないのか…は、クライアントによって様々です。
しかし作業療法士にとって、この場合どちらが先行しているかという点にフォーカスをあてるより、“社会参加する機会を失っている”という事実に目を向ける必要があります。
他者との関わる機会損失を招かないように、作業療法士は整容動作にも積極的に介入していく必要があります。

まとめ

整容動作と一言で言っても、それは歯磨きや洗顔、手洗い、整髪、爪切りや髭剃り、化粧といった活動を含みます。
性別によって違いはあっても、共通する目的としては、自分自身の衛生管理として、そして他者に不快感を与えないための配慮があげられます。
整容動作障害によって結果として、健康生活の悪化や自己評価の低下、社会的孤立といった全方向への生活障害に発展する危険性があるため、「たかが整容動作」と考えず、その障害がどのように発展的に悪化していくのかを想像したうえで、支援をしていくことが作業療法士にとって必要な能力なのかもしれませんね!

作業療法士は語りたい!

ただ「顔を洗えればOK」「歯を磨ければOK」とは言えませんね。
「なんのために整容動作を行うのか?」という目的を明確にして支援する必要があるってことだね!
sponsored Link
 

ピックアップ記事

Sponsored Link

PAGE TOP