Muscle

中殿筋(ちゅうでんきん)- 起始停止・支配神経・血液供給動脈・

 

中殿筋は臀部(殿部)を形成する3つの筋(大殿筋・中臀筋・小殿筋)のうちのひとつです。
今回はこの中殿筋の起始、停止や支配神経、基本的な働きについて解説します。

中殿筋の起始・停止について

中殿筋の起始、停止についてですが…

  • 起始:腸骨翼の殿筋面、腸骨稜の外唇、臀筋腱膜
  • 停止:大腿骨大転子の外側面

…となります。
以下に詳しく解説します。

起始

中殿筋は腸骨翼の外面で前および後殿筋線の間、腸骨稜外唇および殿筋筋膜から起こり、筋腹は厚い三角形をなして下方にむかいます。

停止

扇状に集まって広く強い腱をつくり、大転子の先端を被ってその外側面に停止します。

中殿筋の支配神経について

中殿筋の支配神経としては主に…

上殿神経(L4~S1)

…となります。

中殿筋への血液供給動脈について

中殿筋へ血液供給をしている動脈としては…

  • 上殿動脈
  • 下殿動脈

…があげられます。

中殿筋の主な働き

中殿筋は主に、

股関節外転
…の作用にはたらきます。

中殿筋前部だけが働けば大腿を内旋し前方に上げ、後部だけならば外旋し後方にまげます。
また直立のとき骨盤を支える働きにも作用します。

中殿筋を英語で何て言う?

Gluteus medius muscle

中殿筋をラテン語で何て言う?

M.gluteus medius

読み方・発音

グルーティアス ミーディアス
sponsored Link
 

ピックアップ記事

Sponsored Link

PAGE TOP