意識障害の重症度判定には、国内ではJCSが主に使用されていますが、Glasgow Coma Scale(GCS)も重要な分類になります。
今回はこのGCSによる意識障害の基準や判定方法、注意点やJCSとの違いについてまとめます。

Glasgow Coma Scale(GCS)とは?

Glasgow Coma Scaleとは

Glasgow Coma Scale(GCS)とは、

意識障害をある程度客観的に数量化して表現するための基準
…になります。

このGCSは1974年にイギリスのグラスゴー大学の研究グループにより提唱され、その後一部改変され今日に至っています。
頭部外傷や脳血管障害の重症度評価、治療の指針、転帰の予測や統計調査などを目的に国際的に普及している基準になります。

特徴

GCSの特徴としては、開眼(eye opening,E)、言葉による応答(best verbal response,V)、運動による応答(best motor response,M)の3つの項目につき対象者を観察し、それぞれの項目別に点数化します。
その開眼を4段階、言語反応を5段階、運動反応を6段階に分け、それぞれの最良応答で評価し、合計点で重症度、緊急度を判断します。

開眼(Eye opening:E)

gds-開眼

4点:自発的に、またはふつうの呼びかけで開眼
3点:強い呼びかけにより開眼
2点:痛み刺激により開眼
1点:痛み刺激でも開眼しない

最良言語反応(best Verbal response:V)

gds-最良言語反応

5点:見当識が保たれている
4点:会話は成立するが見当識が混乱(錯乱状態)
3点:発語はみられるが会話は成立しない
2点:理解不明の発声
1点:発語みられず
挿管などで発声が出来ない場合は「T」と表記し、1点とします!

最良運動反応(best Motor response:M)

6点:命令に従って四肢を動かす
5点:痛み刺激部位を手足で払いのける
4点:指への痛み刺激に対して四肢を引っ込める(逃避反応)
3点:異常な屈曲運動(除皮質姿勢)
2点:異常な伸展運動(除脳姿勢)
1点:運動みられず

GCSの点数

GCSにおいては、正常ではE,V,Mの合計が15点、深昏睡では3点になります。

点数は小さいほど重症ということですね!

GCSの表記方法

GCSの場合、その記述は「E〇,V〇,M〇,合計〇〇」と表現されます。
つまり…

深昏睡:E1V1M1=3
清明:E4,V5,M6=15
…となります。

GCSの使い方と注意点

実際のリハビリテーションの現場で、GCSの使い方や注意点についてですが、

  • 8点以下の場合は緊急性が高い!
  • 13点以下の場合はすぐ検査を!
  • 短時間での2点以上の低下は病態の急変!
…があげられます。

8点以下の場合は緊急性が高い!

日本救急医学会の見解では、意識レベルが重度と判断されるのは一般に8点以下の場合であり、緊急性が高い状態とするようです。

13点以下の場合はすぐ検査を!

また、GCSの合計点数が13点以下の場合は、緊急度は高くないとしても何かしらの意識障害を引き起こす重篤な原因があると判断し、頭部CT検査やMRI検査といった頭蓋内病変の有無を調べる必要があります。

短時間での2点以上の低下は病態の急変!

短時間でGCSの合計点数が2点以上低下した場合は、その対象者の病態が急速に悪化していると判断し、すぐに医師や看護師を要請し対応を仰ぐ必要があります。

GCSの記述例

では、実際にどのようにGCSは使われるのか、事例としてまとめてみます。

Q.1
84歳の男性。
目は閉じているも名前を大声で呼ぶと開眼する。
言葉を出すことはあるも、こちらの質問に対しての答えとは異なる。
痛み刺激を与えると手で払いのけるような仕草がある。

A.1
GCS E3V3M5=11
強い呼びかけに対しての開眼(E:3点)、発語はあるも会話の不成立(V:3点)、痛み刺激に対しての手で払いのける反応(M:5点)から合計11点と判断。

JCSとGCSの違いについて

国際的に使われているGCSと国内で主に使用されているJCSですが、それぞれ次のような違いがあります。

  • JCSは関便なことから、緊急時や救急救命の現場で使われていることが多い
  • GCSは評価者間での一致率は高い反面、複雑で時間がかかることから、緊急ではない観察の際に使用されることが多い

まとめ

GCSは国際的に使用されている意識障害の基準
開眼(E)を4段階、言語反応(V)を5段階、運動反応(M)を6段階に分けて表記する
GCSの合計点が8点以下と短時間の2点以上の低下は緊急性が高く、13点以下は精密検査を要する

作業療法士は語りたい!

JCSとGDSのそれぞれの特徴を上手く使いわける必要があるだろうね!
作業療法士はその簡便さから、臨床ではJCSの方を使うことが多いかもしれませんね!