上双子筋(じょうそうしきん)- 起始停止・支配神経・血液供給動脈・

上双子筋は股関節の外旋筋のひとつであり、股関節の内転、伸展を担います。
今回はこの上双子筋起始、停止や支配神経、基本的な働きについて解説します。

 

上双子筋の起始・停止について

上双子筋の起始、停止については次のとおりになります。

  • 起始:坐骨棘
  • 停止:大腿骨

以下に詳しく解説します。

起始

上双子筋は、内閉鎖筋の一部とみられます。
両双子筋は小坐骨切痕の縁で内閉鎖筋の上下、すなわち上双子筋は坐骨棘から、下双子筋は坐骨結節から起こります。

停止

上双子筋は、内閉鎖筋を上下からはさみ、この腱と大腿骨の転倒窩と停止します。

上双子筋の支配神経について

上双子筋の支配神経は…

仙骨神経叢の枝(坐骨神経基部の前面から起こる)(L4-S2)

…になります。

上双子筋への血液供給動脈について

上双子筋へ血液供給している動脈は…

下殿動脈

…となります。

上双子筋の主な働き

股関節の外旋
大腿を外旋する作用に働きます。その他上方にある梨状筋には大腿を外転する働きもあり、下方の大腿方形筋は逆に内転します。

上双子筋を英語で何て言う?

Gemellus superior muscle

上双子筋をラテン語で何て言う?

M.gemellus superior

タイトルとURLをコピーしました