Rehabilitation

Full can test- 棘上筋損傷・回旋筋腱板損傷の徒手的評価として

 

棘上筋損傷や回旋筋腱板損傷の徒手的評価として“Full can test”があげられます。

本記事では、このFull can testの方法や診断学的有用性について解説します。

想定読者としては…

  • 作業療法士(整形領域)
  • 理学療法士
  • 柔道整復師

…となっています。

Full can testの目的について

冒頭でも触れたように、Full can testの目的としては…

  • 棘上筋の損傷
  • 回旋筋腱板の損傷

…に対して行われる徒手的評価となります。

Full can testの検査方法

ここでは、Full can testの検査方法について解説します。

大まかな流れとしては次のようになります。

  1. 被験者を立位にする
  2. 検査肢位(肩関節肩甲骨面上90度拳上位・30度水平内転位・45度外旋位・肘関節伸展位)にする
  3. 上肢の遠位部に下方への力を加え、被験者はそれに抵抗する
  4. 痛みの訴えや筋力低下について確認できたら陽性とする

以下に詳しく解説します。

1.被験者を立位にする


まず、被験者を立位姿勢にします。

2.検査肢位にする


被験者を検査肢位である…

  • 肩関節肩甲骨面上90度拳上位
  • 肩関節30度水平内転位
  • 肩関節45度外旋位
  • 肘関節伸展位

…にします。

3.上肢の遠位部に下方への力を加え、被験者はそれに抵抗する


検者は被験者の正面に立ち、上肢の遠位部に下方への力を加え、被験者はそれに抵抗します。

4.痛みの訴えや筋力低下について確認できたら陽性とする

その際、痛みの訴えや筋力低下について確認できたら陽性とします。

Full can testの診断学的有用性

著者 信頼性 感度 特異度 陽性尤度比 陰性尤度比
Lasbleiz S,et al(2014) 棘上筋腱炎・痛み NR 50 27.3 0.69 1.83
棘上筋腱炎・筋力低下 NR 33.3 45.5 0.61 1.47
棘上筋全層損傷・痛み NR 85.7 50 1.71 0.29
棘上筋全層損傷・筋力低下 NR 66.7 66.7 2 0.5
Kim E,et(2006)        
回旋筋腱板全層損傷・痛み NR 55.5 77.8 2.50 0.57
回旋筋腱板全層損傷・筋力低下 NR 59.9 81 3.15 0.50
回旋筋腱板全層損傷・痛みまたは筋力低下 NR 73.7 68.3 2.32 0.39
回旋筋腱板全層損傷・痛みかつ筋力低下 NR 41.6 90.5 4.38 0.65
なんらかの回旋筋腱板損傷・痛み NR 71.2 67.9 2.22 0.42
なんらかの回旋筋腱板損傷・筋力低下 NR 77.3 67.9 2.41 0.33
なんらかの回旋筋腱板損傷・痛みまたは筋力低下 NR 89.4 53.7 1.93
なんらかの回旋筋腱板損傷・痛みかつ筋力低下 NR 59.1 82.1 3.30 0.50

まとめ

本記事では、Full can testの目的や方法について解説しました。

Hornblower’s testとは…

  • 棘上筋の損傷への徒手的評価
  • 回旋筋腱板の損傷への徒手的評価

作業療法士は語りたい!

痛みがある場合、抵抗に対して力を入れられにくくなるから
多くの場合、痛みと筋力低下の両方が確認できることが多い印象を受けるね!
逃避的な反応や代償運動についても観察する必要がありますね!
ローテーターカフ付肩関節モデル

ローテーターカフ付肩関節モデル

39,270円(10/19 21:21時点)
Amazonの情報を掲載しています
sponsored Link
 

ピックアップ記事

Sponsored Link

PAGE TOP