Muscle

短母趾屈筋(たんぼしくっきん)- 起始停止・

 

短母趾屈筋は下肢の筋のひとつで主に母趾の動きに作用します。
今回はこの短母趾屈筋の起始、停止、支配神経や働きについて解説します。

短母趾屈筋の起始・停止について

短母趾屈筋の起始・停止ですが…

  • 起始:立方体・楔状骨・後脛骨筋膜
  • 停止:母趾

…となります。
以下にそれぞれ詳しく解説します。

起始

足根の内側部で、内側(中間、外側)楔状骨、長側底靭帯、内側筋間中隔などから起こり、2腹に分かれ、前方に向かいます。

停止

内側腹は母趾外転筋の腱、外側腹は同内転筋の腱と合して、第1中足骨頭部にある内側と外側の種子骨を介して基節骨底へ付着(停止)します。

短母趾屈筋の主な働き

母指の基節を曲げる

短母趾屈筋の神経支配

内側腹は、内側足底神経(L5~S1)
外側腹は、外側足底神経(S1~S2)

短母趾屈筋を英語で何て言う?

Flexor hallucis brevis muscle

短母趾屈筋をラテン語で何て言う?

M.flexor hallucis brevis

sponsored Link
 

ピックアップ記事

Sponsored Link

PAGE TOP