Muscle

短趾屈筋(たんしくっきん)- 起始停止・

 

短趾屈筋は足の足底面の最初の層にある固有筋で、第2~第5趾に作用します。
今回はこの短趾屈筋の起始、停止や支配神経、基本的な働きについて解説します。

短趾屈筋の起始・停止について

短趾屈筋の起始、停止は次のようになります。

  • 起始:踵骨・足底腱膜・筋間中隔
  • 停止:第2から第5趾

以下に詳しく解説します。

起始

短趾屈筋の起始についてですが、短趾屈筋は足底腱膜に被われてその内面および踵骨隆起下面から起こります。
その前端は4腱に分かれ、長指屈筋の腱とともに足指の腱鞘中を走り第2~5指に至ります。

停止

短趾屈筋の各腱は2分し長指屈筋の腱の通る腱裂孔を作り、第2~第5指の中節骨底に付着(停止)します。

短趾屈筋の主な働き

第2~第5指の中節をまげる(DIP関節)

短趾屈筋の神経支配

内側足底神経(L5,S1)

短趾屈筋を英語で何て言う?

Flexor digitorum brevis muscle

短趾屈筋をラテン語で何て言う?

M.flexor digitorum brevis

sponsored Link
 

ピックアップ記事

Sponsored Link

PAGE TOP