Muscle

長母趾屈筋(ちょうぼしくっきん)- 起始停止・

 

長母趾屈筋は、脚の後区画の深層筋です。
今回はこの長母趾屈筋の起始、停止や支配神経、基本的な働きについて解説します。

 

長母趾屈筋の起始・停止について

長母趾屈筋の起始、停止については次のとおりになります。

  • 起始:腓骨(骨体の後部の下方2/3)・骨間膜、筋間中隔
  • 停止:母趾(末節骨の底部足底面)

以下に詳しく解説します。

起始

長母趾屈筋は、腓骨体後面(内側稜と後縁との間)と後下腿筋間中隔の下半から起こり、長趾屈筋の外側に沿って下り、その腱は距骨の後および載距突起の下で(長母趾屈筋溝)屈筋支帯に被われます。

停止

長母趾屈筋は足底に出て、長趾屈筋の腱の深部を交叉して短母趾屈筋の2腹の間を前方に進み母趾の末節骨底に付着(停止)します。

長母趾屈筋の神経支配

脛骨神経(L5~S2)

長母趾屈筋への血液供給

・腓骨動脈
・後脛骨動脈

長母趾屈筋の主な働き

長母趾屈筋は主に、

・母趾の屈曲
・足関節の内反
・足関節の底屈
…の作用に働きます。

つまり、足指をまげ、足を足底側にまげる(足をふみしめる、跳躍)と同時にやや内反する機能を担います。

長母趾屈筋を英語で何て言う?

Flexor hallucis longus muscle

長母趾屈筋をラテン語で何て言う?

M.flexor hallucis longus

読み方・発音

フレクサ ハリュスィーズ ロンガス
sponsored Link
 

ピックアップ記事

Sponsored Link

PAGE TOP