長趾屈筋(ちょうしくっきん)- 起始停止・支配神経・血液供給動脈・

長趾屈筋は、脚の後区画の深層筋になります。
今回はこの長趾屈筋の起始、停止や支配神経、基本的な働きについて解説します。

 

長趾屈筋の起始・停止について

長趾屈筋の起始、停止についてですが…

  • 起始:脛骨(骨体の中2/3の後面・後脛骨筋を被う筋膜
  • 停止:第2~第5趾(末節骨底)

…となります。
以下に詳しく解説します。

起始

長趾屈筋は主として脛骨後面から起こり、外側縁にある起始腱の上方は前筋を被う筋膜に一部放散して腓骨から起こり、下方は後脛骨筋を斜めにまたぐ腱弓となって骨や筋膜につきます。
腱は前筋の後で長母趾屈筋の内側を下り、内果の後下、載距突起のところで屈筋支帯の下を通り足底に出ます。

停止

長趾屈筋の停止腱は短指屈筋の腱列孔を貫き末節骨底に付着(停止)します。

長趾屈筋の支配神経について

長趾屈筋の支配神経は…

脛骨神経(L5~S2)

…になります。

長趾屈筋への血液供給動脈について

長趾屈筋へ血液供給している動脈は…

後脛骨動脈

…になります。

長趾屈筋の主な働き

・足関節の底屈
・足関節の内反
長趾屈筋は、足指をまげ、脚を足底側にまげる(足を踏みしめる、跳躍)機能を担います。
また同時にやや内反にも作用します。

長趾屈筋を英語で何て言う?

Flexor digitorum longus muscle

長趾屈筋をラテン語で何て言う?

M.flexor digitorum longus

読み方

オーリキュラリス アンティアリア

その他

・長趾屈筋は下腿の脛骨側(内側)の深部に存在し、下に行くに従い大きくなっていきます。
・付着腱は筋のほぼ全長にわたり、足底部で足底方形筋の腱と合体します。
・その後最後に4本の腱索にわかれ、外側4趾に付着します。
・この構造は上肢の深指屈筋も同じになります

タイトルとURLをコピーしました