リハビリテーション評価

FIM移乗(浴槽、シャワー)における項目や具体例、採点方法などについて

 

FIMで、浴槽やシャワーへの移乗動作を評価する際に、シャワーチェアを使用している場合はどうなるのか?バスグリップの設置のみ介助の場合はどうするのか?といった疑問が出てくると思います。
そこで今回は『FIM移乗(浴槽、シャワー)における項目や具体例、採点方法』についてまとめてみました!

FIM移乗(浴槽、シャワー)の対象動作について

FIMで浴槽やシャワーへの移乗を評価する際の対象動作は、

浴槽、またはシャワー室に入り、そこから出ることを含む
…とされています。

FIM移乗(浴槽、シャワー)の点数別解説と具体例

では、FIMの浴槽やシャワーへの移乗の点数別の解説と、臨床や現場でよくある具体例をまとめてみました!

7点(完全自立)

歩行の場合は、浴槽またはシャワー室まで行き、そこに入りそしてでることを求められ、かつ安全に行うこともできて7点となります。
車椅子の場合は、浴槽またはシャワー室まで生き、ブレーキをかけ、フットレストを上げ、必要ならばアームレストも外し、そして立位で方向を変えるかもしくは滑って移動し、そして元に戻る動作が求められます。
もちろん安全に行うことも含めて“完全自立”になります。

6点(修正自立)

スライディングボード、リフト、手すり、特殊なイスのような補助具(adaptive or assistive device)(義肢・装具を含む)が必要な状態は6点になります。

5点(監視または準備)

監視(たとえば待機、指示または促し)または準備(スライディングボードを置く、フットレストを動かすなど)が必要な場合が5点と採点されます。

4点(最小介助)

浴槽、シャワー室への移乗の際に、患者は移乗動作の75%以上を行う場合が4点になります。

3点(中等度介助)

浴槽、シャワー室への移移乗動作の50%から74%までを行う場合、3点となります。

2点(最大介助)

浴槽、シャワー室への移乗動作の25%から49%までを行う場合、2点となります。

1点(全介助)

浴槽、シャワー室への移乗動作の25%未満しか行わない、もしくは行えない場合は1点になります。

簡易手すり(バスグリップ)を取り付けてもらう場合

簡易手すり(バスグリップ)を使用するのですから6点(修正自立)も考えられますが、この場合、介助者に取り付けてもらうことを前提としているので“準備”となり、5点(監視or準備)以下と考えられます。
もしも、これらの補助具を“自分で”設置して浴槽への出入りが自立の場合は6点になります。

まとめ

移乗動作(ベッド・イス)移乗動作(トイレ)と同じような評価のコツもありますが、浴槽、シャワーへの移乗動作の項目はあくまで浴槽やシャワー室への出入りに限定することであって、他の動作と近藤しないようにする必要がありますね!

作業療法士は語りたい!

あくまで浴槽やシャワー室への出入りが評価対象ってところがポイントでしょうね!
清拭とまぜて考えてしまう場合が多いから、そこは注意点だね!
 

おすすめ記事

職場がギスギスして働きにくいのは、偏ったものの見方、考え方の“私的論理”が原因かも! 福祉用具と発生する可能性がある二次障害の種類について! 意思の強さは関係ない?行動するには条件設定が必要! 作業療法における動作分析を産業工学から考えたら結構捗った件。 関節可動域測定(ROM-T)の目的と方法について

関連記事

Sponsored Link

OT愛東

臨床15年目の作業療法士。
作業療法士としてのキャリアと同時に、音楽関係、アパレル関係、ナイトビジネスなどの経験を経て現在ウェブ事業の展開も行っている。
現在は作業療法士のキャリアアップを目的としたウェブメディア『作業療法プレス』をはじめ、複数のブログメディアを運営。
また、自身の様々なキャリアから、改めて「働き方」を考え、支援するために“働きにくさをリハビリする”産業作業療法研究会を設立。
日本作業療法士協会会員・日本職業リハビリテーション学会員・両立支援コーディネーター

OT若菜

臨床3年目の新人作業療法士。
手先が器用なため、手工芸を用いたアクティビティでの介入が得意。
これといった趣味はなく休日は家でダラダラしている。
現在彼氏募集中。
PAGE TOP