リハビリテーション評価

FIMの運動項目の種類や採点方法、基準について

 

FIMの運動項目は様々ですが、その評価の基準や採点方法についてしっかり押さえておかないと、各項目での評価が曖昧になってしまいます。
そこで今回は『FIMの運動項目の種類や採点方法、基準』についてまとめてみました!

FIMの運動項目の種類について

FIMの運動項目には以下の13種類あります。

セルフケア(6項目)

食事
整容
清拭
更衣上
更衣下
トイレ動作

移乗(3項目)

ベッド、椅子、車いす
トイレ
浴槽

排泄コントロール(2項目)

排尿
排便

移動(2項目)

移動
階段

FIM運動項目の採点のポイント

では、13種類のFIM運動項目に対しての採点のポイントとはどのようなものになるのでしょうか?
主なポイントとしては以下のとおりになります。

①FIMではADLの介助量を測定すること
②「しているADL」を評価すること
③各項目、課題として定義された動作について評価すること

①FIMではADLの介助量を測定すること

その動作を行うのに介助者が必要がどうか、また介助者が必要なら、動作の何%を本人が行い、何%を介助者が行っているのか?を判断することが必要になります。
具体的には、

・介助者は必要か?
・道具の使用は必要か?
・安全性の配慮は必要か?
・通常より時間を要すか?
・介助者は手を触れる必要があるか?
・介助はどの程度必要か?
…といったものがあげられます。

②「しているADL」を評価すること

FIMでは、被験者が普段行っている“しているADL”が評価対象となります。
*できるADLを評価する場合はBarthal Indexを使用します。

③各項目、課題として定義された動作について評価すること

評価対象の動作の範囲を明確にしておく必要があります。

FIM運動項目の満点は何点?

FIMの運動項目の満点は91点になります。

FIM運動項目の採点基準について

FIMの運動項目の7段階の採点基準についてですが、大まかには介助者の有無で分けられ、そこからさらに細かく点数毎にわけられます。

介助者不要

点数 自立度 基準 
7点 完全自立  
6点 修正自立 補装具が必要、時間かかる、安全性の配慮が必要

介助者必要

点数 自立度 基準 
5点 監視・準備 監視や準備、もしくは指示や促しが必要
4点 最少介助 75%以上自分で行う
3点 中等度介助 50%以上75%未満自分で行う
2点 最大介助 25%以上50%未満自分で行う
1点 全介助 25%未満しか自分で行わない

まとめ

FIMの運動項目にフォーカスをあてて、その種類や採点における判断基準などについてまとめてみました。
13種類ある運動項目それぞれの評価はこの判断基準がベースになっているため、FIMでADLを評価する際はしっかりと頭に入れておく必要がありますね!

作業療法士は語りたい!

FIMの運動項目を評価する際には、上述したようなポイントを抑えたうえで評価しないと、
そのクライアントのADL状況についての共通言語としての意味が破たんしてしまうから注意が必要だね!
FIMの点数が不正確だと、そのクライアントだけでなく関わるスタッフ全員に悪い影響を及ぼすことになるでしょうし、
それが転倒や医療ミスといった事故にもつながりかねませんからね!
 

おすすめ記事

うつ病予備軍診断にも有用な“CES-D”の検査方法と点数、カットオフ値について! ラジオ体操による4つのリハビリ効果がすごかった! 陶芸の治療効果と作業療法としての有用性について 臨床で作業療法評価結果の分析をスムーズにする4つの方法 就労支援は障害者にとって「最終」目標なのでしょうか?

関連記事

Sponsored Link

OT愛東

臨床15年目の作業療法士。
作業療法士としてのキャリアと同時に、音楽関係、アパレル関係、ナイトビジネスなどの経験を経て現在ウェブ事業の展開も行っている。
現在は作業療法士のキャリアアップを目的としたウェブメディア『作業療法プレス』をはじめ、複数のブログメディアを運営。
また、自身の様々なキャリアから、改めて「働き方」を考え、支援するために“働きにくさをリハビリする”産業作業療法研究会を設立。
日本作業療法士協会会員・日本職業リハビリテーション学会員・両立支援コーディネーター

OT若菜

臨床3年目の新人作業療法士。
手先が器用なため、手工芸を用いたアクティビティでの介入が得意。
これといった趣味はなく休日は家でダラダラしている。
現在彼氏募集中。
PAGE TOP