リハビリテーション評価

FIM(記憶)における項目や具体例、採点方法について

 

FIMの認知項目でもある記憶を評価する際、その評価対象としてどのような状態をみるのか?段階別の依頼の場合それぞれどう採点すればよいのかといった疑問があるため少し評価しにくく難しいとされています。
そこで今回は『FIM(記憶)における項目や具体例、採点方法』についてまとめてみました!

FIM記憶について

FIMの記憶の定義ですが、

施設または社会の場面において日常的な活動を行うときの認知と記憶に関連した技能。
…とされています。
これは特に言語的、視覚的情報を記憶し再生する能力になります。

FIM記憶の評価対象課題について

FIMの記憶の項目における、評価対象の課題についてですが、

日常的活動で情報を記憶し再生することができるかどうか?
…になります。

具体的には以下の3つの内容を覚えていられるかどうかで判断します。

①日常でかかわりの深い人
②毎日の日課
③他人からの依頼

①日常でかかわりの深い人

・家族
・担当スタッフ(医師、OT,PT,ST,看護師など)
・同部屋の他患者など

②毎日の日課

・起床や就寝の時間
・食事の時間、場所
・訓練の時間、場所など

③他人からの依頼

・紙をとってほしいと頼まれた(1段階の命令)
・水を汲んでほしいと頼まれた(1段階の命令)
・手を洗ってナースステーションに行くように指示された(2段階の命令)

FIMの記憶の項目では、あくまで日常生活を送るうえで必要な内容に焦点を当てているので
昔の思い出や1か月先の予定などは対象外であることに注意しないといけません!

FIM記憶の点数別解釈と具体例について

では、FIMの記憶の項目での点数別の考え方と、臨床や現場での具体例についていかにまとめてみます。

7点(完全自立)

頻繁に出会う人を認識し毎日の日課を覚えている。他人からの依頼を繰り返し聞き返す必要なく実行する。

6点(修正自立)

頻繁に出会う人を認識し毎日の日課や他人からの依頼を記憶するのにわずかに困難を伴う。
独自のまたは周囲のものからの手掛かり、促しまたは補助具を使うこともある。

5点(監視)

緊張しているとき、あるいは、不慣れな状況では促しが必要(たとえば手がかりまたは繰り返し、助言など)。
しかしそれは10%未満の場面だけである。

4点(最小介助・促し)

患者は75%から90%の場面を認識し記憶している

3点(中等度介助・促し)

患者は50%から74%の場面を認識し記憶している

2点(最大介助・促し)

患者は25%から49%の場面を認識し記憶している。半分以上の時間は促しが必要

1点(全介助)

患者は25%未満の場面でしか認識し記憶していない。あるいは効果的に認識し記憶しない。

記憶における介助とは?

FIMの記憶の項目における“介助”とはどのようなことを指すのでしょうか?
定義としては、

日常的活動における情報(関わりの深い人、毎日の日課、他人からの依頼)について記憶や再生(実行)を促す
…となりますが、具体的には、
・助言(声掛け)する
・道具(ノートや日課表)を見るよう促す
・道具の使用、作成を援助する
・依頼を繰り返す
…などがあげられます。

まとめ

FIMの記憶で、その評価の対象は決してクライアントの過去の思い出や、遠い先の予定についてではないことに注意が必要です。
あくまで日常生活に関することや、依頼を覚えているかどうかといったことが対象になるんですね!

作業療法士は語りたい!

FIMの記憶の項目は少しテスト的に行う場合がありそうですね!
あくまで“しているADL”だけど、“階段”の項目と同じで“できるADL”をみる視点が必要かもね!
 

おすすめ記事

きちんと区別できる?日常生活用具給付制度と補装具支給制度の違いについて! 一般的な上肢機能の検査の種類と、その用途についてまとめてみました! ワークパーソナリティと個人特性の階層構造は就労支援の課題抽出に役立つ!って話 【プラスハンディキャップ】編集長、佐々木一成さんに聞いた設立きっかけについて!【インタビュー①】
大人の発達障害も?自閉症の人に言ってはいけない12のこと

関連記事

Sponsored Link

OT愛東

臨床15年目の作業療法士。
作業療法士としてのキャリアと同時に、音楽関係、アパレル関係、ナイトビジネスなどの経験を経て現在ウェブ事業の展開も行っている。
現在は作業療法士のキャリアアップを目的としたウェブメディア『作業療法プレス』をはじめ、複数のブログメディアを運営。
また、自身の様々なキャリアから、改めて「働き方」を考え、支援するために“働きにくさをリハビリする”産業作業療法研究会を設立。
日本作業療法士協会会員・日本職業リハビリテーション学会員・両立支援コーディネーター

OT若菜

臨床3年目の新人作業療法士。
手先が器用なため、手工芸を用いたアクティビティでの介入が得意。
これといった趣味はなく休日は家でダラダラしている。
現在彼氏募集中。
PAGE TOP