FIMで更衣(下半身)を評価する際によく、「靴下は対象となるのか?」「義足や装具を使用している場合はどうなるのか?」といった疑問が臨床でよく聞かれます。
そこで今回は『FIMの更衣(下半身)における項目や具体例、採点方法』についてまとめました!

更衣(下半身)の評価対象の課題

FIMにおける更衣(下半身)を評価する際、対象となる課題の動作とはなにがあげられるのでしょうか?

端的に言えば、更衣(下半身)における評価対象の課題は次の動作になります。

腰より下の衣服の着脱動作
“腰より下の衣服”ということで、つまり、

  • ズボン
  • 下着
  • 靴下(ストッキング)

…が対象となります。

更衣(下半身)の採点ポイント

FIMにおいて、下衣の更衣動作を採点する際のポイントとしては、次のようになります。

  • 全体の何%自立して可能か(何%の介助が必要か)
  • 何動作かに工程分解して考える

更衣(下半身)を採点する際の注意点

下衣の更衣動作をFIMで評価する際に、よくやりがちな間違い、注意点は以下のとおりになります。

  1. 入浴前後の着脱は特殊な状況なので含めない
  2. 義肢や装具を装着している場合はその着脱も含まれる
  3. 浮腫防止のための弾性ストッキングも装具と同じ扱いとされる

以下に詳しく解説します。

①入浴前後の着脱は特殊な状況なので含めない

クライアントによってはその動作能力によって、入浴後身体が乾ききっていない状況ではなかなか更衣動作に手間がかかる…なんて場合もあります。
あくまでFIMにおける更衣(下半身)の項目は“普段の下衣の更衣動作”を評価対象としているため、入浴に関する下衣の着脱は評価対象とはなりませんので注意が必要です!

②義肢や装具を装着している場合はその着脱も含まれる

これは更衣(上半身)でも同じなのですが、義足はもちろん、SLBやLLBといった下肢装具の着脱も更衣動作に含みます。
しかしFIMの更衣(下半身)の主な動作ではないので、仮に義足や装具の着脱が全介助だったとしても5点までしか減点されないというルールがあるので注意が必要です。

③浮腫防止のための弾性ストッキングも装具と同じ扱いとされる

クライアントによっては浮腫防止のための弾性ストッキングを使用している場合もあるかと思います。
その際、この弾性ストッキングも上述した装具と同じ扱いになるので、5点までしか減点されないというルールになります。

FIM-更衣(下半身)の採点基準と具体例

では、更衣(下半身)の採点基準と実際の臨床や現場で多くみられる具体例を以下にまとめます。

7点(完全自立)

  • 引出しや押し入れのような通例の場所から衣類を取り出すことを含めた衣服の着脱
  • パンツ、ズボン、スカート、ベルト、ストッキング、靴の着脱、ジッパー、留め金、およびスナップの取り扱い、着用している場合は義肢、装具の着脱も含む

6点(修正自立)

  • 一人でできるが、通常の3倍以上の時間がかかる
  • マジックテープのように改良し特殊な部品または、補装具(義肢、装具含む)が必要となる

5点(監視または準備)

  • 下衣の更衣動作において、監視(例として待機、指示、または促し)または準備(装具の装着、衣類や特殊な更衣用具の準備)が必要
  • タンスから衣類を出し、片付けて貰えば自分で着替えをすることができる

4点(最小介助)

  • 更衣の“75%以上”を行う(介助量<25%)

3点(中等度介助)

  • 更衣の“50%~75%未満”までを自分で行うことができる(25%≦介助量<50%)

2点(最大介助)

  • 更衣の“25%~50%未満”を自分で行う(50%≦介助量<75%)

1点(全介助)

  • 更衣動作の“25%未満”しか行わない
  • または更衣をしない(75%≦介助量)

まとめ

下衣の更衣動作をFIMで評価する際も、上衣の更衣動作と同様の評価ポイントと、注意点を抑えて評価する必要があります。
また点数を付ける際にもFIMの運動項目の介助量による採点を参考にするとスムーズに評価することができるかもしれませんね!

作業療法士は語りたい!

弾性ストッキングも装具として扱うんですね!
あくまで更衣動作の主な対象ではない…という扱いになるから、注意が必要だね!
sponsored Link