Rehabilitation

FIMの排便管理における項目や具体例、採点方法などについて

 

FIMで排便管理(排便コントロール)を評価する際に、「差し込み便器やポータブルトイレを使用している場合はどうなるのか?」「下剤や摘便での処置を受けている場合は減点になるのか?」といった疑問があります。
今回は『FIMの排便管理における項目や具体例、採点方法』などについてまとめました!

排便コントロールの対象範囲について

FIMにおける排便コントロールを評価する際の対象範囲ですが、次のとおりになります。

排便をしても良い状況で、タイミングよく括約筋をコントロールするところ

排便管理、排尿管理といった排泄コントロールの項目では、排泄前後の衣類の上げ下げや、陰部を拭く、トイレへの乗り移りをするといったことはこの項目での評価には含みません。

排便管理の評価のポイント

FIMの排便管理の項目において、評価のポイントとしては、

  • 排便の完全なコントロール
  • 排便コントロールに必要な器具や薬剤の使用

…とされています。

つまりFIMの排便管理の機能的ゴールは、肛門括約筋が必要なときだけ開き、そのほかのときは閉じていること…になります。

したがって、FIMの排便管理の項目は以下の2つを評価対象とすることになります。

  • 排便管理の成功の程度
  • 必要な介助レベル

通常の排便管理に関してはこの2つは同レベルであることがほとんどです(例:失敗が多いほど介助が必要)。
しかし、2つのレベルが正確に同じでない場合は常に低い方のレベルを記録するというFIMのルールに従います。

排便管理の採点手順

FIMで排便管理を採点する際の手順ですが、まずは“介助の必要の有無”で判断します。

  • 介助なしの場合:7点or6点
  • 介助者ありの場合:5点以下

…とまずは大きく振り分けてから考えていくとスムーズに採点できます。

排便管理の採点基準と具体例

FIMの排便管理の実際の臨床や現場で多くみられる具体例を以下にまとめます。

7点(完全自立)

  • 完全かつ随意的に肛門をコントロールし、決して失禁しない状態

6点(修正自立)

  • 「差し込み便器」「簡易便器」「指による刺激」「便軟化剤」「座薬」「緩下剤」または「定期的な浣腸あるいはコントロールのための他の薬剤」を必要としているが、クライアント自身がそれを管理している場合

5点(監視または準備)

  • 監視(たとえば、待機、指示または促し)、または器具の準備(取り付ける、空にする)が必要な場合
  • ときどき失敗するが、月に1回未満

4点(最小介助)

  • 排便動作の“75%”以上を自分で行える場合
  • 座薬、浣腸、器具を用いるが最小限の介助が必要な場合
  • ときどき失敗するが、週に1回未満

3点(中等度介助)

  • 排便動作の「50%〜75%未満」を自分一人で行う
  • 座薬、浣腸、器具を用いるが中等度の介助が必要な場合
  • ときどき失敗するが、1日に1回未満

2点(最大介助)

  • 排便動作の「25%〜50%未満」しかできない
  • 毎日失禁しているが介助者に伝えることができる

1点(全介助)

  • 排便動作の「25%未満」しかできない
  • オムツ、パットなどを使用しており毎回失禁するが介助者に伝えることができない

定義で設定された採点のめやす

上記のような排便管理の採点のポイントやコツをまとめると、以下のような目安で採点をすることができます。

7点:失敗しない・介助者なし
6点:失敗しない・道具使用や下剤等を自己管理して自立
5点:月に1回未満の失敗・監視(待機・指示・促し)が必要、または器具の準備が必要
4点:週に1回未満の失敗・毎日(or隔日)座薬を挿入してもらう
3点:1日に1回未満の失敗・?
2点:毎日の失敗・便失禁を教える
1点:毎日の失敗・便失禁を教えない

失敗の頻度による採点

7点:失敗しない
6点:失敗しない
5点:月に1回未満の失敗
4点:週に1回未満の失敗
3点:1日に1回未満の失敗
2点:毎日

介助量による採点

7点:介助者なし
6点:道具を使用すれば自立。投薬、内服を使用して自立
5点〜1点:どの程度介助を行ってもらっているかで採点する

排便管理における器具とは?

FIMの排便管理における“器具”とはどのようなものがあげられるでしょうか?
以下にまとめてみます!

  • 差し込み便器
  • 簡易便器
  • おむつ
  • 便軟化剤
  • 座薬
  • 緩下剤
  • 指による刺激
  • 定期的な浣腸
  • その他の薬剤など

排便管理における介助とは?

FIMの排便管理における“介助”とは以下のようなものがあげられます。

  • 座薬挿入
  • 腹圧援助
  • 浣腸
  • 摘便

浣腸を1度だけでも使用した場合

便秘が続き、一度だけ浣腸を使用したとする場合、これはあくまで“臨時”の対応と判断され、普段の状態、普段の対応ではないことから、減点対象とはなりません。

まとめ

排尿管理も排便管理も、個人差が大きい分非常にFIMでの採点が難しいとされています。
しかしポイントさえおさえておき、事例を重ねることで採点のコツをつかむことができるんだと思います。

作業療法士は語りたい!

リハビリテーションの現場でも、介護の現場でも排泄動作…特に“排便”に関しては、
本人も介護者も非常にナーバスになりやすい問題なんだ!
臨床や現場で“排泄ケア”が十分に取り組まれていない2つの理由とは?』でも触れたように、評価やケアの方法が統一的ではないことも問題ですよね!
生活を支援する作業療法士としては、FIMを含む排泄ケアに関する評価、介入はしっかりと学んでおく必要があるだろうね!
sponsored Link
 

ピックアップ記事

Sponsored Link

PAGE TOP