リハビリテーション評価

FIMの排尿管理における項目や具体例、採点方法などについて

 

FIMの排尿管理を評価する際に、バルーンの場合はどうするのか?おむつを使用している場合は点数は下がるのか?といった疑問が多くあると思います。
そこで今回はFIMの排尿管理における項目や具体例、採点方法などについてまとめてみました!

FIMにおける排泄コントロールの考え方

まず、大前提として排泄パターンやその介助は多種多様であり、その評価に関して細かい取り決めはされていない…というのが実際のところになります。
これはFIMの評価方法上の限界というよりは、医療・介護技術の変化や社会・文化的背景の差異に対応しきれないということが原因としてあるようです。
逆に言えば、その対象者の全体像をとらえることが重要という解釈もできます。
FIMで排泄コントロールを評価する際は、このことを頭に入れておく必要があります。

排尿管理の評価のポイント

FIMにおいて、排尿管理の評価のポイントとしては、

排尿の完全なコントロールおよび排尿コントロールに必要な器具や薬剤の使用
…とされています。

つまり、排尿管理の機能的股\ゴールは尿道括約筋が必要なときだけ開き、そのほかのときは閉じていること…になります。

このために患者によっては器具、薬剤あるいは介助が必要になります。

したがって、FIMの排尿管理の項目は以下の2点を評価対象とすることになります。

①排尿管理の成功の程度
②必要な介助のレベル

通常これらの2つのレベルは同レベルになります(例として、失敗が多いほどより多くの介助が必要)。
しかし、2つのレベルが正確に同じでない場合は、常に低い方のレベルを記録するというルールに従います。

排尿管理の採点手順

FIMで排尿管理を採点する際の手順ですが、
まずは“介助の必要の有無”で判断します。

介助なしの場合:7点or6点
介助者ありの場合:5点以下

…とまずは大きく振り分けてから考えていくとスムーズに採点できます。

排尿管理の点数別解説と具体例

では、FIMの排尿管理の点数別の解説と、臨床や現場における具体例をまとめてみます。

7点(完全自立)

完全かつ随意的に膀胱をコントロールし、決して失禁しない。

6点(修正自立)

「しびん」「差し込み便器」「簡易便器」「カテーテル」「おむつ」「吸収パッド」「集尿器」「尿路変更」「コントロールのための薬剤」を必要としている状態。
そしてそれらの器具や薬剤を介助なしに、準備、装着、試用、後片付けなどを行うことができる状態。
尿失禁などの失敗はしない。

また、カテーテルを試用している場合、患者は介助なしにカテーテルの水切りあるいは洗浄を行うことができる。
そして介助なしに洗浄用の器具を消毒、洗浄、準備する。
患者が器具を試用している場合、患者は介助なしにコンドーム式集尿器あるいは回腸導管用器具を組み立て装着する、畜尿袋を空にし着脱したり線状する、あるいは回腸導管用畜尿袋を空にしたり洗浄することができる。

5点(監視または準備)

良好な排尿パターンを維持する、あるいは器具を取り扱うにあたって監視(たとえば、待機、指示または促し)、または器具の準備(取り付ける、空にする)が必要。
または、差し込み便器をとったり、トイレに行くまでに時間がかかるため患者はときどき失敗するが、月に1回未満である。

4点(最小介助)

器具の取り扱いについては最小限の介助が必要。患者は排尿に関する課題の75%以上を行う。
または、ときどき失敗するが、週に1回未満である。

3点(中等度介助)

器具の取り扱いについては中等度の介助が必要。患者は排尿に関する課題の50%から74%まで行う。
または、ときどき失敗するが、1日に1回未満である。

2点(最大介助)

介助しても患者は頻繁にまたはほとんど湿った状態であり、カテーテルまたは瘻孔器具が留置してあるかどうかにかかわりなく、おむつまたはその他の吸収パッドを必要とする。
排尿に関する課題の25%から49%までを行う。
おむつを使用している場合、失禁の状態を介助者へ教える場合。

1点(全介助)

介助しても患者は頻繁にまたはほとんど毎日湿った状態であり、カテーテルまたは瘻孔器具が留置してあるかどうかにかかわりなく、おむつまたはその他の吸収パッドを必要とする。
排尿に関する課題の25%未満しか行わない。
おむつを使用している場合、おむつへの排尿を介助者へ教えない場合。

おむつを使用している場合の採点考え方

・毎日“失敗”していれば、2点以下
・介助必要、おむつも必要、おむつが頻繁にぬれている場合は2点以下
・おむつへの排尿を介助者へ教えていれば2点、教えなければ1点
・おむつをしていない&失敗が毎日ではないなら3点以上

排尿誘導についての考え方

基本的に排尿誘導は“介助”としてみなされます。

・2点:排尿時に患者は必ず趾も尿器を要求せず、看護師が時間誘導を行っている
・1点:看護師による時間誘導により通常のトイレを用い、こぼさずに排尿する

排尿の空振りへの考え方

FIMの排尿管理において、空振りは減点対象にはなりません。
空振りに関する介助負担は、実際の介護状態ではすでに採点されているため、空振り自体では点数はさがりません。
ただあまりにも非適切な反応であれば社会的交流や問題解決の得点がさがることになります。

昼と夜とで点数が異なる場合

低い方の点数を採択します。
ただし、記録には昼と夜両方の点数を記載しておくことを推奨しています。

まとめ

FIMの排尿管理は、その個人の状態によって様々な状況があるため一概に具体例をそのまま点数の基準にすることも難しい項目と言えます。
また細かい基準が決まっていないということは、逆に言えば全体像をとらえることが重要と解釈もできます。
より、FIMによる評価目的を果たすためにも、FIMの原則に従って採点をし、その判断根拠をきちんと記載しておくいことも重要と言えます。

作業療法士は語りたい!

FIMでも判断が難しいのが排尿管理や排便管理といった排泄コントロールと、
認知項目なんだよね!
個人差や状況によって様々だからこそ、俯瞰的な視点も必要なんでしょうね!
 

おすすめ記事

アドラー心理学の“勇気づけ”を知れば、人間関係の円滑化に役立つ?? 革細工を作業療法で行う際の治療的効果について! 『全盲少年に任天堂、神対応』のニュースから障害受容の為の4つの背景を考える 神経難病のコミュニケーションとAACの3段階のテクニックについて 作業療法士が面接を行う上での 6つの注意点とは?

関連記事

Sponsored Link

OT愛東

臨床15年目の作業療法士。
作業療法士としてのキャリアと同時に、音楽関係、アパレル関係、ナイトビジネスなどの経験を経て現在ウェブ事業の展開も行っている。
現在は作業療法士のキャリアアップを目的としたウェブメディア『作業療法プレス』をはじめ、複数のブログメディアを運営。
また、自身の様々なキャリアから、改めて「働き方」を考え、支援するために“働きにくさをリハビリする”産業作業療法研究会を設立。
日本作業療法士協会会員・日本職業リハビリテーション学会員・両立支援コーディネーター

OT若菜

臨床3年目の新人作業療法士。
手先が器用なため、手工芸を用いたアクティビティでの介入が得意。
これといった趣味はなく休日は家でダラダラしている。
現在彼氏募集中。
PAGE TOP