リハビリテーション評価

FIMの清拭における項目や具体例、採点方法などについて

 

清拭(入浴)動作をFIMで評価する場合、よく浴槽への出入りはどうするのか?足部は評価範囲に入るのか?といった疑問を多く聞くことがあります。
たしかに、清拭動作をFIMで評価する際にどの範囲、動作を評価すればよいのか迷ってしまいがちです。
そこで今回はFIMの清拭(入浴)における項目や具体例、採点方法などについてまとめてみました!

FIM-清拭で評価する課題

FIMの清拭の項目で評価する課題としては、以下のとおりになります。

・首から下の体(背中は含まない)を洗う、拭く動作

清拭における採点の考え方

FIMにおいて清拭の項目を採点する際には、10か所の評価部位別で考えます。
つまり…

胸、腹、右・左上肢、右・左大腿、右・左下腿、会陰部全面、臀部
…の10か所です。
ちなみに頭と背部は採点外となります。

例として、胸部、腹部、左上肢の3か所は自分で洗い、その他7か所は介助してもらう場合介助量は…7/10・・・70%となります。
FIMの運動項目の場合、50%≦介助量<75%では2点(最大介助)となりますので、この場合清拭の項目は2点になります!

FIMで清拭を評価する際の注意点

重複する部分はありますが、FIMにおいて清拭の項目を評価する際の注意点としては

・頭と背中(背部)は採点範囲に含まれない
・浴槽、シャワー、ベッド上清拭のいずれでもよい(している方法で評価)
…といったものがあげられます。

清拭の具体例

では、以下にFIMの清拭における点数別の具体例を一部ですがまとめてみます!

7点(完全自立)

・身体の10か所を洗う、すすぐ、乾かす(拭く)ことが自分1人でできる

6点(修正自立)

・自分で10か所を洗い、すすぎ、乾かす(拭く)ことは可能だが、時間がかかる(通常の3倍以上)
・柄付きブラシなどの自助具を使用すれば自立して可能
・滑り止めマットや手すりなど安全面への配慮が必要

5点(監視または準備)

・清拭動作の準備や監視・助言が必要
・洗剤をタオルにつけてもらう
・タオルを絞ってもらう
・シャワーの温度の調整をしてもらう

4点(最小介助)

・清拭動作の75%以上を行う
・10箇所のうち8/10項目以上は自分でできる

3点(中等度介助)

・清拭動作の50%~74%までを行う
・10箇所のうち5〜7/10項目は自分でできる

2点(最大介助)

・清拭動作の25%~49%までを行う
・10箇所のうち3〜4/10項目は自分でできる

1点(全介助)

・清拭動作の25%未満しか行わない
・清拭の0〜2/10項目しかできない
・全て介助が必要

まとめ

清拭(入浴)動作をFIMで評価する場合は、10か所に分けた身体部位別で評価するので、比較的採点しやすい項目なのかもしれません。
しかし、頭部や背部はその範囲に含まない…といったFIM独自のルールをしっかり把握しておく必要があります。

作業療法士は語りたい!

清拭(入浴)の際の更衣動作は、評価対象ではないんですね?
あくまで清拭(入浴)の評価対象項目には着替えは含まれないから、対象外だね!
じゃあ、入浴する際の着替えに介助が必要な場合って、更衣動作の項目に反映するんですか?
更衣動作(上半身)も更衣動作(下半身)も、
清拭、入浴やトイレといった“特別な状況”の場合は採点対象にはならないんだ!
…結構、注意が必要ですね!
 

おすすめ記事

“排泄”の目的と排泄障害が及ぼす生活への4つの影響について! 産業カウンセラー(資格や業務内容)について調べてみました! 脳卒中の自動車運転再開までの流れをまとめてみた! PULSES Profile(パルセス プロフィール)によるADL評価の項目と点数の付け方について! OSA-Ⅱの対象と構成する項目についてまとめてみた!

関連記事

Sponsored Link

OT愛東

臨床15年目の作業療法士。
作業療法士としてのキャリアと同時に、音楽関係、アパレル関係、ナイトビジネスなどの経験を経て現在ウェブ事業の展開も行っている。
現在は作業療法士のキャリアアップを目的としたウェブメディア『作業療法プレス』をはじめ、複数のブログメディアを運営。
また、自身の様々なキャリアから、改めて「働き方」を考え、支援するために“働きにくさをリハビリする”産業作業療法研究会を設立。
日本作業療法士協会会員・日本職業リハビリテーション学会員・両立支援コーディネーター

OT若菜

臨床3年目の新人作業療法士。
手先が器用なため、手工芸を用いたアクティビティでの介入が得意。
これといった趣味はなく休日は家でダラダラしている。
現在彼氏募集中。
PAGE TOP