Rehabilitation

トイレをおしゃれにするコツについて- 毎日使う場所だからこそって意識が必要

 

トイレは排泄行為をする空間である以上、基本的にじゃ“汚い”、“臭い”といった印象やイメージがついてしまいます。
しかし少しの工夫でトイレをおしゃれな空間することができますし、なにより気持ちよく使うことができます。
そこで今回はトイレをおしゃれにするための5つのコツについてまとめました。

トイレをおしゃれにするコツ

ここでご紹介するものとしては次の5つ。

  • 花や植物を飾る
  • トイレットペーパーの収納を変える
  • インテリアを工夫する
  • トイレサインを変える
  • 壁紙を変える

以下に詳しく解説します。

花や植物を飾る

花や植物を一つ飾るだけでも、さわやかで清潔感が増しますし、なによりトイレの空間がホッと一息つける落ち着いた癒しのスペースになります。

グリーンを活かしてさわやかなトイレに!

花瓶に観葉植物を入れ、トイレの空きスペースに飾るだけでも一気にさわやかな空間にすることができます。
フェイクグリーンを飾る人も多いようですが、本物の観葉植物の方が風水的にも吉という意見もあります!

一輪挿しでおしゃれなトイレに!

和風な印象を受けますので壁紙の色との組み合わせを工夫すると面白いかもしれません!

100均で手軽に癒しのトイレに!

いまはダイソーやセリアといったいわゆる“100均”でもフェイクグリーンやエアープランツ、観葉植物などが購入できます。
まずは手軽に100円で始められるものから試してみるのもいいかもしれません!

トイレットペーパーの収納を変える

簡単にトイレをおしゃれにするコツとしておすすめなのが、トイレットペーパーの収納方法を変更することです。
簡単にできますし、安価で可能なことからも様々なパターンをお試しで行うことができるのもメリットです。

吊るしてみる

予備のトイレットペーパーをそのまま置くよりは、こうしてちょっと“吊るしてみる”というのもおしゃれに見せる収納の工夫といえます。

ペーパーナプキンで包む

100均のペーパーナプキンを使用してトイレットペーパーを一つずつ包んでディスプレイする…というのも簡単におしゃれに見せるコツと言えます。

ワイヤーネットを使用する

100円ショップでのワイヤーネットなどを使用してDIYすることで自分のトイレのスペースに合ったサイズのものをつくることができます。

インテリアを工夫する

上記の2つも広い意味での“インテリア”ですが、その他のトイレをおしゃれにするインテリアの例をあげてみます。

写真を飾る

フォトフレームに好きな写真を入れ、トイレの壁に飾ることでちょっとした海外のおしゃれなトイレ風にすることができます。
フォトフレーム自体は100均で購入できますし、写真も自分で撮影するもよし、ポストカードを使用するもよし、場合によってはインターネットから拾ってくるのもよいかもしれません!

トイレの洗面ボウルを一工夫

多くのトイレの洗面ボウルにはトイレ用洗浄芳香剤が置いてあるのかもしれませんが、このスペースにタイルを置くことで一気に雰囲気がおしゃれに変わります。
写真の例は100円ショップであるキャンドゥで販売しているタイルを使用しているようです。

DIYで自由なトイレを!

これはまたちょっと極端な例かもしれませんが…自由におしゃれにできるという点はDIYの利点とも言えます。
常にこういったトイレのDIYインテリアを考えること自体楽しいことですし、トイレへの意識も変わってくるのかと思います。

トイレサインを変える

「ここはトイレです!」を示すトイレサインですが、このサインも一工夫することでおしゃれなトイレに変える事ができます。

木目のトイレサイン

同じトイレサインでも木目にするだけで一気におしゃれ感が増します。
探すと結構市販のものがあるので、様々なパターンを選らんでみるのも楽しいかもしれません。

トイレサインにもグリーンを!

トイレ内に観葉植物などを置いたら、グリーンインテリアとしてトイレサインもこのように工夫するのも一つです。
統一感を持たせた空間づくりとしてはなかなかなのかなと!

アイロンビーズで手作りトイレサイン

アイロンビーズを使用することで好きなトイレサインのデザインを作ることができます。

壁紙を変える

トイレの壁紙を変える、一部の壁紙(アクセントクロス)を変えるというのも比較的行いやすい工夫と言えます。

アクセントクロスの一例

トイレという狭い空間の一部の壁紙を変えるだけで、非常にデザイン性が高いものにすることができます。

»トイレのアクセントクロスについて

まとめ

“汚い”、“臭い”というイメージにつながりがちなトイレですが、排泄という必要不可欠な生活行為を行う場所ですからなおざりにはできません。
今回ご紹介し合方法やコツによって少しでも生活の質が向上すれば幸いです。

作業療法士は語りたい!

一番汚れやすいけど毎日使う場所だからこそ、少しでも質のいいものにする心がけは重要だろうね。
お金をかけなくても気分いい環境にするってことも重要でしょうね!
sponsored Link
 

ピックアップ記事

Sponsored Link

PAGE TOP