外部リンクの重要性について考える【これからは質が問われる時代】

Blog運営

自分のブログをGoogleの検索上位に表示させたい!となると、多くの“外部リンク”を集めることもSEO対策重要になります。
でもこの外部リンクって少しやっかいで、質の悪い外部リンクだと逆にGoogleからの評価を落としかねないものでもあります。

そこで本記事では、外部リンクについて解説します!

外部リンクとは?

“外部リンク”とはなんぞや?についてですが、端的に言えば…

異なるドメインのウェブページからの自分のウェブページへのリンク

…ってところでしょうか。

この外部リンクはSEOを考える上でも非常に重要な要素の一つになります。

ちなみに外部リンクは別名“被リンク”や“バックリンク”とも呼ばれています。
書籍や他のウェブではこの別名で表記されている場合もあるので、覚えておいて損はないでしょうね。

外部リンクには2種類ある

少し脱線ですが、外部リンクには2つの種類があります。

  • 自分のサイトから他のドメインサイトへ出ていく:アウトバウンドリンク(発リンク)
  • 外部の他のドメインサイトから自分のサイトに入ってくる:インバウンドリンク(被リンク)

どちらもSEOに関連する重要なリンクです。
ただ、本記事では後者のインバウンドリンクについて解説します。

外部リンクはSNSでいう“いいね”

TwitterやFacebookなどSNSでの“いいね”機能。
ブログやウェブにおいての外部リンクはこのSNSでいう“いいね”のようなものです。

自分のブログやウェブのコンテンツが検索上位に表示されるには、Googleの検索エンジンに評価されないといけません。
その判断基準としては良質なコンテンツを提供しているか?という点に集約します。

でもその判断って曖昧ですよね?
余程のスパム的なコンテンツでない限り、人によって“良質なコンテンツ”の基準って様々ですから。

そこでGoogleは、判断する基準のひとつとして、SNSの“いいね”のような機能とも言える外部リンクに注目します。

多くの外部リンクを集めているブログ=良質なコンテンツを提供しているブログ

…このような判断になります。

いかに外部リンクを集めるか?という施策は“外部施策”と呼ばれています。

外部リンクでも良いリンク悪いリンクがあるってこと

Googleからの評価を上げるためにも必要な外部リンクですが、なんでもかんでも集めればよいというわけではありません。
その外部リンクにも良い悪いの“質”が問われるようになってきました。

  • 良い外部リンク:良質なコンテンツの提供と、自然とユーザーに認識されるリンク(ナチュラルリンク)
  • 悪い外部リンク:順位操作を目的とした、プログラムによって自動的につけられる参照リンク(スパムリンク)

おおよその説明ですが、外部リンクの良い、悪いはこんなイメージです。

どうしてGoogleは外部リンクに質を求めるようになったんですか?
それはGoogleの失敗とも言える判断基準によるものがあったからなんだ…(遠い目)

Googleの失敗経験

2012年より前は、Googleもウェブの判断基準のひとつとして「とりあえず多くの外部リンクを集めているウェブサイト」という時代がありました。
でも、その結果お金を払えば大量に外部リンクをし、無理やり検索上位に表示させるような会社が増え、結果として低品質なウェブサイトでも検索上位に表示されるようになってしまいました。

ユーザーがせっかくGoogleでキーワード検索しても、良質なコンテンツを提供するウェブサイトが上位表示しなければ、自然と…

「Googleで検索すると変なウェブばかりヒットする」
「もう使わない」

…となってしまいます。
使ってもらって初めて価値が生まれるウェブサービスであるGoogleにとって、これは大きな痛手となってしまいます。

そのため、2012以降の“ペンギン・アップデート”とよばれる対策を行い、悪い外部リンクがされているウェブページはそのリンクが無効になるだけでなく、検索結果の順位を大幅に下げるというペナルティを与えるようにしました。
このあたりからGoogleは非常に“コンテンツの質”を重要視するようになったと感じます。

悪い外部リンクの種類

では、SEO対策としても必要なGoogleからの評価としてよくない“悪い外部リンク”とはどのようなものでしょうか?
その代表的なものとしては…

  • 特定キーワードを乱用したコンテンツ
  • 自動生成されたコンテンツ
  • 別ジャンルが混在する共有リンクサイト
  • ブックマークなどリンク集サイト
  • 隠しテキストと隠しリンク

…などがあげられます。
以下に詳しく解説します。

自動生成されたコンテンツ

なにかしらのプログラムで自動的に生成されたコンテンツも、Googleではユーザーにとっては何のメリットもない検索ランキングを意図的に操作するだけの悪い外部リンクとみなします。

例としてですが…

  • 検索キーワードを含んでいるが、文章としては意味をなさないテキスト
  • 自動化されたツールで翻訳されたテキストが人間によるチェックや編集を経ず公開されたもの
  • マルコフ連鎖などの自動処理によって生成されたテキスト
  • 自動化された類義語生成や難読化の手法を使用して生成されたテキスト
  • Atom/RSS フィードや検索結果からの無断複製によって生成されたテキスト
  • 複数のウェブページからのコンテンツを、十分な付加価値を加えることなくつなぎ合わせたり組み合わせたりしたもの

引用:Google Search Consoleヘルプ

…などがあげられます。

特定キーワードを乱用したコンテンツ

1つのページに無造作にいろんなキーワードや数字が並んでいるだけのページってみたことありませんか?
文脈もおかしく、読み物としても成り立っていない、パッと見「バグった!」とも思われるようなページ。

これもGoogleの検索結果を操作する目的で作られた“キーワードの乱用”を用いられたページになります。

例としては…

  • 実質的な付加価値のない電話番号の羅列
  • ウェブページが特定の市町村や都道府県に関する検索結果の上位に掲載されるようにするために市町村名や都道府県名を羅列したテキスト。
  • 同じ単語や語句を不自然に感じられるほどに繰り返すこと。例: 当店では、カスタムメイド葉巻ケースを販売しています。当店のカスタムメイド葉巻ケースは手作りです。カスタムメイド葉巻ケースの購入をお考えでしたら、当店のカスタムメイド葉巻ケース スペシャリストまで custom.cigar.humidors@example.com 宛てにお問い合わせください。

引用:Google Search Consoleヘルプ(キーワードの乱用)

…といったものがあげられます。

別ジャンルが混在する共有リンクサイト

いろんなサイトへのリンクのみ貼ってあるだけのウェブサイトも、Googleにとっては質の悪い外部リンクとみなされます。
特徴としては、同じページ内に様々なジャンルの記事がごちゃごちゃになって、「こちら」や特定のキーワードから別のウェブサイトへリンクされるようになっています。

2012年以前にお金で外部リンクを提供する怪しげなSEO会社の常套手段でした。

ブックマークなどリンク集サイト

さきほどの共有シンクサイトと同じ、様々なウェブサイトへのリンクが貼られただけのページです。
サイト名、URL、簡単なサイトの解説のみが並べられているのが特徴かと。
こういうページもコンテンツとしての価値が低いとGoogleは判断しています。

でもこのリンク集って案外ブログ運営者は無自覚でしがちな気もします(最近は少ないでしょうけど)。
ブロガー同士のコミュニティ的な要素も含んでいるので、絶対的に悪とも言えない気がします。。

そういう場合は“noindex”などの対応をしておくことが重要かもしれませんね!

隠しテキストと隠しリンク

一般的にリンクの部分のテキストは青色などでユーザーが見て分かりやすくなっています。
しかし、中にはGoogle検索結果で上位に表示させようと、コンテンツの中にユーザーが見えないような(でもクローラーだけは認識できる)テキストやリンクを含める手段を行すケースがあります。

その方法の例としてですが…

  • 白の背景で白のテキストを使用する
  • テキストを画像の背後に置く
  • CSS を使用してテキストを画面の外に配置する
  • フォントサイズを0に設定する
  • 小さな1文字(段落中のハイフンなど)のみをリンクにしてリンクを隠す

引用:Google Search Consoleヘルプ(隠しテキストと隠しリンク)

…などがあげられます。
これは、Googleはウェブサイトやブログ運営者の明らかな偽装行為と判断し、悪い外部リンクとしてペナルティを与えます。

隠しリンク、隠しテキストには容認される例外もある

とはいっても、すべての隠しリンクや隠しテキストがユーザーの使いやすさを下げる偽装行為とされるわけではありません。
“説明テキスト”と呼ばれるものは、逆にサイトやブログの使いやすさを向上させる効果があります。

例としては…

  • JavaScript:同じコンテンツを < noscript > タグ内に記述する
  • 画像データ:alt 属性への説明テキストの記述や画像近くにわかりやすいキャプションや説明テキストの入力
  • 動画データ:HTML内への説明テキストの入力

…などの“説明テキスト”は、ユーザーからは直接見ることができませんが、説明テキストがあると使いやすくなるためむしろGoogleから評価されます。

まとめ

自分のブログを成長させるためにも、多くの良質な外部リンクを獲得する必要があります。
でも、考え方として「たくさんリンクしてもらうぞ」ではなく、「質の良い記事やブログをみてもらおう」とすることで、結果として自然に外部リンクが集まってくるんだと思うんです。
この順番って結構重要な気がしますね!

多くのブログや情報が簡単に見れる時代ですから、いかに良質で、そのブログを運営する人が見える内容にするか?って重要ですよね。
差別化って言葉があるけど、情報が多い時代だからこそ、正統派の手段が結果として差別化になるし近道になるってことだろうね!
タイトルとURLをコピーしました