Muscle

長趾伸筋(ちょうししんきん)- 起始停止・

 

長趾伸筋は下腿の前区画の筋です。
今回はこの長趾伸筋の起始、停止や支配神経、基本的な働きについて解説します。

 

長趾伸筋の起始・停止について

長趾伸筋の起始,停止については次のようになります。

  • 起始:脛骨(外側顆外側面)・腓骨(骨体、前面)・下腿筋膜・骨間膜
  • 停止:第2~5趾の中節骨と末節骨

以下に詳しく解説します。

起始

長趾伸筋は、主に腓骨内側面と前下腿筋間中隔、一部は脛骨上端の外側面と下腿骨間膜の下部から起こり、前脛骨筋の外側にそって下に向かい中途から腱となり、下伸筋支帯の下で4分します。

停止

長趾伸筋は4腱にわかれてから足背に出て、第2~第5指の指背腱膜に移り、主として中節骨と末節骨に付着(停止)します。

長趾伸筋の主な働き

長趾伸筋は主に、

・第2~第5趾の伸展
・足関節の背屈
…の作用に働きます。

長趾伸筋は足を固定すれば下腿を前方に傾け、また足を外反する機能を担います。

長趾伸筋の神経支配

深腓骨神経(L4~S1)

長趾伸筋への血液供給

・前脛骨動脈

長趾伸筋を英語で何て言う?

Extensor digitorum longus muscle

長趾伸筋をラテン語で何て言う?

M.extensor digitorum longus

読み方・発音

エクステンサ ディジトーラム ロンガス
sponsored Link
 

ピックアップ記事

Sponsored Link

PAGE TOP