Rehabilitation

感覚・知覚検査の種類と方法、注意点について

 

作業療法をはじめ、リハビリテーション医療においての臨床現場では感覚・知覚検査って非常に頻繁に行う機会がある検査です。
そこで今回は『感覚・知覚検査の種類と方法、注意点』についてまとめてみました。

感覚、知覚の違い


そもそもこの“感覚”と“知覚”にはどのような違いがあるのでしょうか?
端的に言えば、

感覚:内外の刺激情報が対応する感覚受容器に受けたときに意識される内容
知覚:過去の経験に基づいて情報の意味が何であるか感知分別すること
…となります。

知覚の種類


知覚には大きく“表在覚”と“深部覚”、そして“複合覚”に分けられます。
またそれぞれ、

表在覚:触覚、痛覚、温度覚
深部覚:運動覚、位置覚、振動覚、圧覚、深部痛覚
複合覚:2点識別覚、立体識別覚
…に分けられます。

感覚・知覚検査を英語で何という?

知覚検査は英語で“esthesiometry”、感覚検査は“sensory examination”などというようです。

感覚・知覚検査の目的や意義について

感覚・知覚検査の目的や意義としては、

①被験者の知覚障害が発生している“部位”と“範囲”を評価すること
②その結果によって回復の過程や機能の実用性、知覚再教育の適否を評価すること
…が感覚・知覚検査の目的であり、意義とされています。

またリハビリテーションにおける感覚・知覚検査には

被験者の日常生活能力にどのような影響を及ぼすか明確にし、その改善とリスク回避につなげる
…という点も重要になると思います。

次ページ:感覚・知覚検査の方法について

sponsored Link
ページ:

1

2 3 4
 

ピックアップ記事

Sponsored Link

PAGE TOP