Rehabilitation

エプワース眠気尺度(ESS:Epworth Sleepiness Scale)- 目的・日本語版・評価項目・点数・判定・カットオフ値について

 

“眠気”という症状って非常に主観的ですが、睡眠時無呼吸症候群の診断をつける際にも重要な指標となるものです。
その眠気を評価する方法に“エプワース眠気尺度(ESS)”というものがあります。
そこで今回はこのエプワース眠気尺度(ESS)の目的と方法、点数やカットオフ値についてまとめました!

エプワース眠気尺度(ESS)とは?

エプワース眠気尺度(ESS)は、1991年にJohn MWによって作成された眠気の評価方法です。

英語表記と略称

エプワース眠気尺度は、英語表記では

Epworth Sleepiness Scale
…となり、ESSと略称されます。

目的

ESSは主観的な日中の過度の眠気を測定することを目的としています。

ESSは世界的な評価基準

ESSは、イギリスの“胸部疾患学会”のガイドラインにおいて眠気の評価に使用することが推奨されていて、世界各国で使用されている評価方法になります。

ESS日本語版について

ESS日本語版(JESS:Japanese version of ESS)は、日本呼吸器学会,睡眠時無呼吸症候群に関する検討委員会から委託を受け、“Johns M”と“Fukuhara S”によって作成され使用されています。

エプワース眠気尺度の評価項目について

ESSでは、以下の8つの状況での眠気を0~3の4段階で評価します。

①座って読書しているとき
②テレビを見ている時
③会議や劇場などの公の場で座って何もしていないとき
④1時間続けて車に乗せてもらっている時
⑤状況が許す場合で、午後に横になって休息をとっているとき
⑥座って人と話しているとき
⑦アルコールを飲まずに昼食をとった後、静かに座っている時
⑧車を運転中、交通渋滞で2~3分停止しているとき

判定

0点:決して眠くならない
1点:まれにねむくなることがある
2点:時々眠くなる
3点:眠くなることが多い

点数判定とカットオフ値

ESSでは合計点が11点以上をカットオフ値としています。
つまり11点以上の点数の場合は日中の眠気が強く、生活に支障をきたしている状態…と考えられます。

ESSを自己評価してみました!

僕自身2018年1月に睡眠時無呼吸症候群の診断を受け、現在CPAP療法にて治療中なのですが、CPAP療法を行う前のESSの結果と、現在の結果を参考までに公開します。

CPAP療法前

状況 判定
①座って読書しているとき 2点-時々眠くなる
②テレビを見ている時 2点-時々眠くなる
③会議や劇場などの公の場で座って何もしていないとき 3点-眠くなることが多い
④1時間続けて車に乗せてもらっている時 3点-眠くなることが多い
⑤状況が許す場合で、午後に横になって休息をとっているとき 3点-眠くなることが多い
⑥座って人と話しているとき 2点-時々眠くなる
⑦アルコールを飲まずに昼食をとった後、静かに座っている時 3点-眠くなることが多い
⑧車を運転中、交通渋滞で2~3分停止しているとき 3点-眠くなることが多い
 合計:21点 

CPAP療法前は明らかに自動車運転に支障をきたしていました。
信号待ちで眠ってしまい、後ろの車のクラクションで目を覚まして急いでアクセルを踏む…なんてことが多かったです。
今思うと非常に怖い…(泣)

CPAP療法前

状況 判定
①座って読書しているとき 0点-決して眠くならない
②テレビを見ている時 1点-まれに眠くなることがある
③会議や劇場などの公の場で座って何もしていないとき 0点-決して眠くならない
④1時間続けて車に乗せてもらっている時 1点-まれに眠くなることがある
⑤状況が許す場合で、午後に横になって休息をとっているとき 0点-決して眠くならない
⑥座って人と話しているとき 0点-決して眠くならない
⑦アルコールを飲まずに昼食をとった後、静かに座っている時 0点-決して眠くならない
⑧車を運転中、交通渋滞で2~3分停止しているとき 1点-まれに眠くなることがある
 合計:3点 

CPAP療法をはじめてからは明らかに日中の眠気はなくなりました。
もちろんその日の体調や前日の睡眠時間や睡眠状況にも左右されますが、ESSの点数結果からみてもわかるように確実に効果はあるようです!

まとめ

ESSは睡眠時無呼吸症候群といった睡眠障害のクライアントだけでなく、一般の人にも有効とされています。
なんとなく日中眠い…と感じる人は、客観的に眠気を評価するためにも、一度ESSで自己評価してみるのもいいでしょうね!

作業療法士は語りたい!

慢性的な眠気に対して、ESSのような評価方法を使用して客観的に症状把握することって、
健康維持のためにも必要なことでしょうね!
日常生活の支援を図る作業療法士にとっても、この睡眠の評価っていう視点は持っていていいだろうからね!
sponsored Link
 

ピックアップ記事

Sponsored Link

PAGE TOP