Rehabilitation

エラーレスラーニングとは? – 原則・対象・方法・試行錯誤との違いについて

 
エラーレスラーニングとは?

失敗はだれでもしたくありません。
でもいろいろチャレンジし試行錯誤して「失敗から学ぶ」という意見もわかります。

どちらも正しいですが、対象を間違えると逆効果なんです。

物事を教える方法の一つに“エラーレスラーニング”という方法があります。
リハビリテーションだけでなく、教育現場や企業の研修、新人指導などにも用いられる手法ですが、端的にいって「失敗しないように教える」って手法です。

今回はこの「エラーレスラーニング」について解説します。

本記事の想定読者としては、

  • リハビリテーションセラピスト(作業療法士)
  • 学校教育関係者(保育士や幼稚園教諭、教師や塾講師)
  • 心理学関係者
  • …となっております。

    エラーレスラーニングとは?

    そもそも、エラーレスラーニングとは、

    対象者に間違いや誤りを多くさせずに行動を習得させること

    …を言います。

    このエラーレスラーニングは応用行動分析学の基本的なスタンスでもあります。
    ちなみにエラーレスラーニングと同義語として、“無誤学習”や“誤りなし学習”があります。

    エラーレスラーニングの原則

    エラーレンスラーニングの原則…とも言われることは次のとおりになります。

    • なくしたい行動は起こさせない
    • 出来ている一歩前のステップから支援を始める
    • 指導する環境を注意深く整えること

    以下に詳しく解説します。

    なくしたい行動は起こさせない

    エラーレスラーニングの原則の一つとしては、「なくしたい行動は起こさせない」ということです。
    つまり、その行動においてできる限り失敗やミスをさせないような指導、教え方をするということになります。

    出来ている一歩前のステップから支援を始める

    ミスや失敗をさせないとは言っても、1から10まで全てを指導する側が行ってしまうということではありません。
    あくまでも対象者が「できている一歩前のステップから支援を始める」ということが原則になります。

    指導する環境を注意深く整えること

    エラーレスラーニングには、対象者がミスや失敗をしにくい段階まで準備や環境設定をする必要があります。
    これに関しては「どの程度まで指導する側が整えればよいのか?」という疑問が生まれますが、あくまでも対象者の「できるorできない」の瀬戸際…という表現になってしまいます。
    この程度の調整によってその行動の課題の難易度を変えることもできますので、対象者の能力や判断力、またその課題に対しての分析が必要になります。

    対象

    このエラーレスラーニングの対象についてですが、リハビリテーションの現場だけでなく、教育現場や企業の研修といった様々な場面で用いられる手法のため非常に対象範囲が広いとも言えます。

    • 発達障害
    • 認知症
    • 高次脳機能障害
    • うつ病
    • 前頭葉機能障害

    …疾患名や障害名だけであげれば、上記のようなものが代表的でもあるかと思います。

    むしろ、エラーレスラーニングの対象として疾患名や障害名で区分するというよりは、

    • 自尊心が低い
    • 成功体験が少ない
    • 応用的な行動が困難
    • 記憶力が低下している

    …対象者がこのような状態、特徴を持った場合には有効と考えるほうがスムーズかもしれません。

    エラーレスラーニングの方法

    では、実際にエラーレスラーニングを行うにはどのような方法を用いるのでしょうか?
    そもそも、前提としてエラーレスラーニングには2つの方法があります。

    • 手助けフェーディング型
    • スモールステップ型

    以下に詳しく解説します。

    手助けフェーディング型

    エラーレスラーニングの“手助けフェーディング型”は、最初に十分なヒントを与えた上で成功体験を積ませ、少しずつそのヒントを減らしていく手法です。
    「フェーディング」とは“(徐々に)減らしていく”という意味になります。

    例えば、

    課題:ジャンパーのジッパーをあげる

  • 初めは手を添えて一緒にジッパーをあげる
  • 2回目はジッパーをあげる見本を見せる
  • 3回目は指差しやジェスチャーなどを加えて説明する
  • 4回目は口頭のみで指示、説明する
  • 最終的に自分ひとりで行わせるようにする
  • …というイメージです。

    つまり、フェーディングの大まかなステップとしては、

    1. 手助けをする
    2. 見本を見せる
    3. ジェスチャーのみ行う
    4. 言語指示のみ行う

    …となります。

    また、重要なのは各ステップで達成できたら必ず“褒める”といった“強化”を行うことです。

    スモールステップ型

    エラーレスラーニングのもう一つの手法である“スモールステップ型”は、最初は対象者が達成可能な課題を設定し、徐々にその難易度をあげていくという手法になります。
    例えば、

    課題:ジグソーパズル(100ピース)

  • 初めは最後の3ピースのみはめさせる
  • 2回目は最後の10ピースのみはめさせる
  • 3回目は20ピースのみ
  • 4回目は40ピース
  • 最終的に初めから一人で行わせるようにする
  • …こういったイメージになります。

    あくまでわかりやすく“ジグソーパズル”で例えましたが、「徐々に難易度を上げていく」という原則が重要かと思います。
    もちろん、スモールステップ型でも同様に、各段階で達成できたら褒めるなどの“強化”を行います。

    また、スモールステップ型は“ベイビーステップ型”とも呼ばれる場合があります。

    失敗するのも経験では?という意見に対して

    エラーレスラーニングに対してよくある意見として

    • 「失敗するのも経験ではないか?」
    • 「甘やかすのは間違っていないか?」
    • 「応用が利かなくなるのではないか?」
    • 「依存させることにならないか?」

    …などがあげられます。

    これらの意見について解説します。

    エラーレスラーニングの対である“試行錯誤”という学習方法

    繰り返しになりますが、エラレーレスラーニングの基本は「失敗をなるべくさせない」ということです。
    この反対の方法としては“試行錯誤(Try&Error:トライアンドエラー)”になります。

    もちろんその課題を達成するための手段や方法を学ぶためには“試行錯誤”も一つの学習方法と言えます。

    しかし、前提として対象者の能力や状態、その課題の特徴が試行錯誤の学習方法にマッチしているかどうか?ということがあげられます。

    試行錯誤で学ぶためには、

    • 別の手段が選択できる
    • その課題に対しての高い動機づけ
    • 成功体験の経験や自己肯定感

    …といった前提条件が必要になります。

    加えて、

    • フラストレーションを感じやすい
    • 達成までのプロセスに時間がかかる

    …といったネガティブな副次的効果を生み出すというリスクを伴います。

    つまり、上述した試行錯誤で学ぶための前提条件をクリアした対象者や課題でないと、エラー&エラーの状態を生み出すことになります。

    まとめ

    エラーレスラーニングとは…

  • 間違いや誤りを多くさせずに行動を習得させること
  • 原則としては「なくしたい行動は起こさせない」「出来ている一歩前からの支援」「指導する環境を注意深く整える」
  • 実は様々な場面で用いられている
  • 「手助けフェーディング型」「スモールステップ型」2つがある
  • 対の考え方として“試行錯誤”があるが、様々なリスクを伴う場合がある
  • 作業療法士は語りたい!

    失敗経験が良いとは一概に言えないんですね。
    それに加えて言えば、「失敗を糧にする」ってマインド(心構え)が備わっているかどうか?って前提もあるよね。
    相手の心理状況や性格、そしてその課題の内容によって“エラーレスラーニング”か“試行錯誤”かを使い分けるということでしょうね!
    失敗学 実践編: 今までの原因分析と対策は間違っていた!

    失敗学 実践編: 今までの原因分析と対策は間違っていた!

    濱口 哲也, 平山 貴之
    2,750円(11/22 19:04時点)
    発売日: 2017/12/19
    Amazonの情報を掲載しています
    sponsored Link
     

    ピックアップ記事

    Sponsored Link

    PAGE TOP